どすこい知識

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ポイント⇒為替手数料

2017-05-06 10:28:11 | 日記
ご存じのとおり、第二種金融商品取引業者(一種業者とは業として行う内容が異なる)がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作り、それを適切に運営するためには、本当に想像できないほど大量の、業者が「やるべきこと」、そして「やってはいけないこと」が事細かに定められていることを知っておきたい。
FXとは、一般的には外国の通貨をインターネットなどを利用して売買することで利益を出す比較的はじめやすい取引のこと。外貨預金や外貨MMFなどと比較してみても利回りが良く、さらには為替コストも安いのが魅力である。身近な証券会社やFX会社で購入しよう。
名言「銀行の運営なんてものは銀行に信用があって成功を収める、もしくはそこに融資するほど値打ちがあるとは言えない銀行だと断定されたことで繁栄できなくなるか、どちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)の言葉から
15年近く昔の西暦1998年6月、大蔵省(現財務省)銀行局や証券局等が所掌する業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に係るものを切り離して、当時の総理府の内部部局ではなく新たな外局(府省の特殊な事務、独立性の強い事務を行う機関)として旧金融監督庁が設置されたのである。
覚えておこう、デリバティブっていうのは伝統的な従来からの金融取引または実物商品・債権取引の相場変動によって起きるリスクをかいくぐるために作り出された金融商品の名称である。金融派生商品ともいわれる。
格付け(評価)の長所は、難しい財務資料の全てを読むことができなくても評価によって知りたい金融機関の経営の健全性が判断できるところにある。ランキング表で複数の金融機関の健全性を比較することまでできる。
ご存じのとおり、第二種金融商品取引業者(第一種業者も当然だが)がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作り、それを適正に運営していくためには、恐ろしいほどたくさんの「やるべきこと」、並びに「やってはいけないこと」が事細かに定められているのだ。
この「銀行の運営なんてものは信用によってうまくいくか、そこに融資するほど値打ちがない銀行であると認識されて順調に進まなくなるかのどちらかである」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの名言)
要は「金融仲介機能」「信用創造機能」さらに「決済機能」の3つの機能をいわゆる銀行の3大機能と言われる。この機能は「預金」「融資」「為替」といった業務それに銀行そのものの信用によってはじめて実現できているものだといえる。
1946年に設立された日本損害保険協会は、主として日本の損害保険業界の正しく適切な発展と信頼性の前進を図る。そして安心で安全な世界を形成することに寄与することを協会の目的としているのだ。
きちんと知っておきたい用語。保険は、偶然起きる事故により生じた主に金銭的な損失の対応のために、よく似た状態の複数の者がわずかずつ保険料を出し合い、積み立てた資金によって予測不可能な事故が発生した者に規定の保険金を給付する仕組みなのだ。
15年近く昔の西暦1998年12月、旧総理府の外局として国務大臣をその委員長と定める新しい組織、金融再生委員会が設置され、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督を所管)は平成13年1月の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管轄下に約2年半整理されたのである。
昭和21年に設立された日本損害保険協会は、日本国内における損害保険業界の正しく良好な発展さらに信用性のさらなる前進を図り、これによる安心、なおかつ安全な社会の形成に関して寄与することが目的である。
外貨商品。外貨両替というのは海外旅行にいくときもしくは手元に外貨を置かなければならない際に活用される。ここ数年、日本円に不安を感じて、外貨を現金で保有する場合も増えている。ポイント⇒為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なる。
たいていのすでに株式公開している上場企業の場合、企業活動のための方策として、株式上場のほかに社債も発行することが当然になっている。株式と社債の最大の違いは、返済義務に関することである。覚えておこう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。