あの空に背伸びして

山好き中高年のblog
2017/2/18 静かなる桝形山

ワカンでザクザク~静かなる桝形山

2017年02月19日 | 2017年山歩き

2017/2/18(土)、八方ヶ原の学校平から桝形山~八方湖~八方ヶ原牧場を歩いて来た。

数日前迄は奥日光の庵滝を予定していたが、昨日の気温上昇で氷瀑の崩落が危惧されたので行先を変更。

積雪期の桝形山は4年前にマイスノーシューをGETしての試し履き山行以来。

今日は前日の春の陽気から一転、強い北風の吹く極寒の天気に逆戻り。

いつもより防寒対策を万全にしてのスタート。

●山の駅たかはらP(7:30)~桝形山(8:55-9:15)~八方湖(10:00-10:20)~八方ヶ原牧場~山の駅たかはらP(11:55)

行動時間:約4時間25分

 

 

 今回はヤフオクで落札したLOWA(ローバー)の冬山用登山靴の試し履きを兼ねての雪山歩き。

 

 

 先週のスッカン沢に続き本日の1番乗りかと思われたが、山の駅駐車場の先にある除雪されていない駐車場に先客1台。

何とタイヤが深い雪に嵌りスタックして動けなくなっていた。

通りがけに懇願されて押してやったが、どう頑張っても脱出不可能。その後ロードサービスを呼んで脱出したらしい。

さて、序盤はスノーモービルで踏み固められた林道をテクテクと歩いて行く。

 

 

 適当なところから森の中へ入り尾根筋を進む。

八方ヶ原の中でもどちらかと言うと超マイナールートなので踏み跡はなし。アニマルトラッキングのみが縦横無尽に。

先週末から積雪がないので雪質はザクザクとやや硬め。

モフモフの新雪ならばスノーシューと言う選択肢もあったが、今回はワカンを装着しての雪上歩き。

時々ズボッと膝下までの踏み抜き。沈み込みはくるぶし辺りまでなのでそれ程難儀しない。

 

 

 樹間越しから鹿又岳や県境の山並みか・・・。

と、撮影していたら、なんとカメラのバッテリー切れを警告する表示が点灯。

低温時はバッテリーの機能が低下するのに充電するのを忘れてた💦

 

 

なので、その後は誤魔化しながらの省エネ撮影・・・。 

 

 

  相変わらず風は轟々と唸りを上げるほどの強さ。

それでも雪面に映し出される整然とした樹影を見ると穏やかにさえ感じられる静寂の森。

 

 

で、何となく気づいていたが、足元には最低でも一週間以上は経過したと思われるスノーシュー跡が見え隠れ。

そのトレースを辿ったり離れたり適当に進んで行く。

 

 

 桝形山のアイドル?目玉おやじも健在。

 

 

 ここまで来れば桝形山山頂も間近。

樹間を吹き抜ける冷たい風を避けながら一人静かに休憩タイム。

耳を澄せば「ピーィ、ピーィ」と遠くから甲高い鹿の鳴き声が聞こえてくる。

 

 

 山頂からの展望は良くないが、木々の枝越しに釈迦ヶ岳や前黒山などの高原山塊、男鹿山塊の一部が望める。

 

 

 前回は北東寄りの尾根を辿って八方湖へと周ったが、今回は長い林道歩きを避ける為に往路を戻る事にした。

 

 

春にはアカヤシオやシロヤシオで華やかに彩られる自然豊かな尾根。

ツキノワグマの行動域としても知られているので入山の際は要注意。

 

 

 桝形山へのルートのポイントはこの沢筋を超えるところかな?

それ以外は尾根を忠実に辿ればそう難しい事はない。

 

 

 途中で尾根から外れ林道を経由して氷結した八方湖へ寄り道。

風もそれ程強くなかったのでここで暫しのランチタイム。

 

 

 その後、八方ヶ原牧場内を適当に散策しながら戻って行く。

 

 

 今日はスノーモービル音がなく静かだなと思ったら、積雪量が減って走行不可能になっているのだろう。

 

 

 放牧場を徘徊後は展望台へ寄り道。

 

 

 全体的に雲が多く遠望は利かないが、遠く筑波山を望む事ができた。

 

 

 と言う事で、今日は貸し切り状態の静かな雪上ハイキングが楽しめた。

欲を言えば、もう少し雪が欲しいところだね。

 

 山の駅たかはらP到着時は約8割方が埋まっていたが、放牧場方面には犬連れのハイカー数組が遊んで居ただけ。

他はメジャーなスッカン沢や大間々(八海山神社)方面へと散らばったのでしょうか? 

で、ヤフオクで落札した冬用登山靴の履き心地はまずまず。

南関東在住の出品者が3年前に購入したが、冬山に行く機会がなく手放す事にした新品同様のもの。

しっかりとした作りで硬さがあるので多少の違和感が残るが、少しずつ履き慣らして行けば問題なさそう。

 

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

氷の神殿・スッカン沢の氷柱群

2017年02月13日 | 2017年山歩き

あ゛~っ!やっちまった~~~!!

 って、いきなり大声出してスミマセン(^^ゞ

で、何をやらかしたかって?

平日(13日)に休暇を取り苦労して行って来たスッカン沢(高原山系)の氷柱群。

帰宅してから90枚近く撮影した写真をパソコンに取り込んだまではいいが、その後一瞬にしてフォルダを消してしまったのだ。

あっという間の出来事に唖然・・・。

SDカードの画像もパソコンに取り込んだ後に全消去するように設定したので残っていない。

どうやら古いフォルダを整理しようとした時に間違って新しいやつも消してしまったらしい。

パソコンからも全削除されるように設定したのでゴミ箱にも残っていない。

さて、どうしよう?思案した結果、どうにか16枚の画像データの復元?に成功。

出来れば40~50枚の画像をUPしたかったが、仕方がない。

今回は僅かに残された貴重な写真でのレポとなりますが、どうぞご了承ください。

 

2017/2/13(月) 氷の神殿・スッカン沢の氷柱群(高原山系)

●山の駅たかはら~雷霆の滝~雄飛の滝~展望台~任三郎の滝~素蓮の滝~咆哮霹靂の滝~山の駅たかはら

正確な所要時間は不明となってしまったが、約4時間ちょっとだったでしょうか?

午前8時過ぎに八方ヶ原の山の駅たかはらに到着。

自分が1番乗りと思われるが、駐車場には山の駅関係者?の軽ワゴンが1台。

 

 

 週末に多くのハイカーが入山しているのでトレースは十分だろうと目論んでアイゼンのみでスタート。

ところが序盤からトレースが消えている箇所が多くラッセルを余儀なくされた。

どうやら連日の強風で登山道が吹き溜まりとなってしまったらしい。

念の為にワカンも持ってきたが、不要と思って車に置いて来た。駐車場まで戻るのは面倒なのでそのまま突破。

桜沢の流れが聞こえて来るころにはトレースも明瞭になり一安心。

雷霆の滝にて小休止。

 

 

 さあ、今年もやって来ました。厳冬期のスッカン沢\(^o^)/

まずは入り口付近にある柱状節理の氷柱から。

 

 

 朽ちかけた木の階段を慎重に下りながら見上げる。それにしても、やばいよこの階段(^^;)

数年後には完全に崩壊してスッカン沢に降り立つ事が困難になってしまうのだろうか?

まあ、新たなるルートが切り拓かれるのを望むしかないね。

 

 

 で、そこからスッカン橋までの氷柱群。

岩だけでなく巨大な氷が落下した痕跡が残るので速やかに通過。

 

 

 スッカン橋を渡りながら大氷柱群の核心部を望む。

 

 

振り返ってスッカン橋と神が宿ると言われる桂の巨木。 

 

 

 トゲトゲの氷柱群の真下に到着。

 

 

 例年と比べてややスリムな印象は拭えないが、何度見てもこの迫力には圧倒される。

 

 

 

 

 

 今後の冷え込み次第ではまだまだ成長が期待できるかもね。

でも、まあ今月いっぱいかな?

 

 

 桜沢~スッカン沢滝巡りのコース上では最も人気のある雄飛の滝。

スッカンブルーの滝壺が美しく神秘的な佇まい。

 

 

いつもは賑わいを見せる氷の宮殿も、今日はずっと貸し切りでした。 

 

 

 その後、雄飛の滝展望台に上って氷柱群の中心部を俯瞰。

正しく自然が造り出した円形劇場の雰囲気。

 

 

 今回はその先の任三郎の滝から素簾の滝まで足を延ばす。

小規模ではあるが鹿股川源流沿いの岩壁には多くの氷柱群が見られた。

 

 

 素蓮の滝からターンして咆哮霹靂の滝に立ち寄りランチタイム。

 

 結局、この日は最後まで誰にも会わずの一人旅でした。

誤ってデータを消してしまった瞬間はどうなるかと思ったが、何とかカッコついたかな?

今年も無事にスッカン沢の氷柱群情報をレポ出来てホッと胸を撫で下ろす。

 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

真壁の雛巡りと筑波山梅林散策

2017年02月12日 | 街中歩き・散歩

栃木県北部のご近所を彷徨いても北風が寒いので、昨日に続いて今日も春探しの旅に出かけて来た。

先ずは茨城県桜川市真壁の雛巡りへ。ここを訪れたのは数年ぶり。

70km以上も南下しただけあってとても暖かい。ポカポカ陽気の中をスタート。

 

 

和服の似合うお嬢さんが路上にチョークで「真壁のひなまつり」と書いて観光客をお出迎え。

カメラ小僧・・・おやぢ?が色んなアングルで狙ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大した写真も撮れないので雛祭り会場を早々に切り上げて次なる目的地へと向かう。

初めて訪れた筑波山梅林。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ満開には少し早い様だが、周囲には上品な梅の香が漂っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展望四阿からの眺望。

 

 

 

 

 

 

遠くは新宿副都心のビル群やスカイツリー。

 

 

富士山まで。

 

 

 

 

 

梅林から筑波山頂を仰ぎ見て。

 

こんなだったら筑波山登山の準備をしてくれば良かった。

家を出たのが午前9時じゃあ、無理だよな~(^^;)

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ザゼンソウに春の息吹を感じた日

2017年02月11日 | 街中歩き・散歩

日本の、いや北関東の・・・いやいや栃木県北部の冬は長い。

どちらかと言うと暑い夏の方が好きな自分は余計にそう感じる。

最近は雪遊びもするようになって昔ほどの苦手意識はなくなったが、立春も過ぎると流石に春が恋しくなるというもの。

今週末は冬型の気圧配置が強まり、どうやら山々では大荒れとなる予報。

木~金曜日に降った雪が残る中、県内某所のザゼンソウ群生地2カ所に行ってみた。

 

 

雪中のザゼンソウ。

 

 

自らを発熱させて雪を溶かす姿には植物としての力強さが漲っていた。

 

 

 

 

自分も頑張ろう。

なんて事を真面目に考えたかどうかは置いといて、春の息吹が感じられる1日でありました。

 

 

おまけは庭のフクジュソウ。間もなく開花~♪

 

やっぱカメラ買おうかな(^^;)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奥日光・蓼ノ湖~刈込湖スノーシューハイク

2017年02月05日 | 2017年山歩き

2017/2/4(土)、奥日光の刈込湖へ今季初となるスノーシューハイクに行って来ました。

●湯元P(8:16)~蓼ノ湖(8:59)~小峠(9:36)~刈込湖(10:15-11:15)~小峠(11:46)~蓼ノ湖(12:05)~湯元P(12:38)

行動時間:4時間22分

 

6:55分頃、いつもの場所(塩谷町)からモルゲンロートの日光連山を定点観察。

今日は快晴だ~!

 

奥日光までの国道120号、イロハ坂は塩カルたっぷりで路面凍結箇所は全く見られず。

戦場ヶ原~湯元間は一部圧雪&凍結状態。それでも帰るころには殆ど融けていました。

湯元の駐車場に降り立つとやや強い風。耳が千切れるほどの極寒の中で用意を整えて出発。

五色山~前白根山の稜線がきれいだなぁ。右側の山陰に隠れているが金精山も神々しいまでの存在感。

 

温泉街を通り過ぎ、源泉地のところからスノーシューを装着。

 

九十九折の急登を経て冬期閉鎖中の金精道路へ。

 

ここから冬道用に設置された青リボンとトレースに導かれて下っていく。

 

程なくして氷結した蓼ノ湖に到着。

そこにはウインターシーズン限定の素敵な景色が広がっていた。

 

とその時、風に揺らされた木々の軋む音が静寂を切り裂く。

 

思わず上空を見上げる。う~ん、素晴らしい青空・・・

それにしてもなんて静かな日だ。気になって時々振り向くが後続の気配が感じられない。

 

蓼ノ湖を過ぎると樹林帯の登りが続く。

 

遅ればせながら今シーズン初スノーシュー。やっぱり楽しいね。

 

このルート上で最もきつい急坂をヨッコラショ!と踏ん張りながら登り切ると・・・

 

小峠に到着しました。

ここで小休止とする予定であったが、風の通り道となっているのでとてもじゃないが寒くていられない。

 

先を急ごう。

夏道との分岐。トレースは右の夏道へと向かっているが、今回は敢えて左側の谷間のルートを選択。

 

尚、コースを示すリボンは小峠まで。

谷間のルートは最初こそ薄いトレースが残っていたが、途中からそれも消えて最低限のルーファンが必要。

とは言っても、特徴のある地形でハイキングコースの延長線上にあるのでそれ程難しくはない。

 

ん!君は誰・・・?(笑)

 

真っ新な雪面には動物たちの足跡だけが点在。

 

我が行く道を自由に切り拓くのもスノーシューの醍醐味。

もう、自分に迷いなどはない。目的地に向かって突き進むだけ。

 

振り返れば己の残した一筋のスノーシュー跡。

風も収まったのでここでおやつタイム。コンビニで調達したプリンの甘味成分が五臓六腑に染み渡る。

 

平坦な道を過ぎると、やがてメインルートに合流。

雪崩の危険性のある急な斜面の脇を速やかに下っていく。

 

 

 

スタートしてから約2時間。目的地の刈込湖へと無事に到着。

なんと!本日の1番乗りでした\(^o^)/

 

貸し切り状態と喜んでいたのも束の間、数分後に茨城県水戸市からのソロ男性がやって来た。

ここまでのトレースのお礼にと休憩するための穴をスコップで掘ってくれた。

その方とはランチを食べながら暫しの山談義。自分と同じように毎週どこかの山へ出かけているのだとか。

 

で、ランチは最近になって新発売された日清の「カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味」。

これ、意外といけました。

 

さて、食後は湖の周りをウロウロと徘徊。相変わらず落ち着かない・・・(^_^;)

 

氷結した湖上を歩き回ったり。

 

良く見ると水の染み出ている箇所が目立つので、出来るだけ日陰の端っこを歩きました。

 

4年前にお仲間らと来た時はこの先の切込湖まで足を延ばしたが、今回は単独なのでここまでとしましょう。

茨城の男性もここでのんびりするのが好きと言っていた。

 

刈込湖到着後は無風で穏やかっだったのも手伝って、撮影タイムも含めて約1時間のまったり。

話し相手も現れたので楽しい一時を過ごす事ができました。

その後、数グループのハイカーが到着し賑やかになり始めた所で退散。

 

後は来た道を戻るだけ。

 

雪面に映し出された樹影の美しさに足が止まる。

 

 

 

途中で奥日光で有名なネイチャーガイドさん率いるツアーに遭遇。

子供を含めたご家族の様ですが、至る所に斜面を滑った痕跡やトラップが残されていました。

ガイド料の値段は兎も角として、偶には自分の見えない世界のレクチャーを受けながら楽しむのも面白そうですね。

 

小峠まで戻って来ました。

既に正午近い時刻であるが、まだまだこれから刈込湖へ向かう人が多い様子。

 

ここから急斜面を一直線に下っていくが、途中でスノーシューを踏みつけて前のめりに転倒(^^;)

誰にも見られない様に急いで立ち上がりました(〃ノωノ)

 

下った先の蓼ノ湖の畔ではのんびりと過ごすハイカーらの姿。

 

綺麗な氷の造形などの写真撮影をしていると刈込湖で会った水戸市の男性に追いつかれる。

 

ガラス細工、又は宝石の様な輝き。

 

 

 

美しき樹影の世界。

 

さて、蓼ノ湖とはこれでお別れ。

 

結局、水戸市の男性とはゴール手前の源泉地までご一緒しました。

 

金精道路を横断。

 

源泉地に着いたところでスノーシューを外し、ゴールの湯元温泉駐車場へと戻る。

お疲れ様でした。

 

 下山後は湯元で開催されている「第11回全日本氷彫刻」奥日光大会会場へ足を運ぶ。

 

 

 

 

 

 意識してそればかり選んだ訳じゃないが、女性の曲線美をモチーフにした作品が多いね。

 

こちらは今年の干支、酉年をモチーフにした作品。

展示作品の一部を紹介しましたが、夜のライトアップは一見の価値ありかな~?

 

今日は早い時間のスタートだったので、到着時は静かなる刈込湖の雰囲気を味わう事ができました。

また機会があったら再訪したいな。

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加