あの空に背伸びして

山好き中高年のblog
シーズン初のチングルマ♪

貴婦人との再会を願って燧裏~尾瀬ヶ原~三条ノ滝

2017年06月19日 | 尾瀬ハイキング

2017/6/17(土)、尾瀬御池から燧裏林道~段吉林道~尾瀬ヶ原~三条ノ滝を歩いて来た。

●御池(6:03)~上田代(6:36)~裏燧橋(7:23)~温泉小屋無料休憩所~東電小屋(9:22)~ヨッピ吊橋(9:35)

~竜宮十字路(9:54)~見晴(10:26)~三条ノ滝(11:42)~上田代(14:18)~御池(14:50)

トラックログは速報を参照願います。

2014年6月に初めて森の貴婦人トガクシショウマを観賞して以来、群生地を訪れるのは3年ぶりとなる。

 当時はヒステリックな森の番人に見張られてじっくりと撮影できず、それ以来もうここへは2度と来る事はないと思っていた。

だけど、時間経過と共にその時の不愉快な感情が薄れ、また逢いたいと言う気持ちが強くなった。

 

 今回は一人静かに観賞することが出来たが、必要以上に時間を掛けずに数枚だけ撮影して速やかにその場を立ち去った。

誰もいなくてもマナーだけは守りたい。

 

 写真の出来はあれとして、数多くの貴婦人を思う存分見られただけで大満足。

やはり貴女は美しかった。またお逢い出来る日まで・・・

 

 

 さて、時間は遡って午前6時、御池駐車場からスタート。

燧裏林道を歩くのは逆回りも含めて過去3度。尾瀬の中でも歩く人は極端に少なく静かな山旅が楽しめる。

これまでは尾瀬沼~大江湿原~沼山峠の周回コースであったが、今回は三条ノ滝も含めて尾瀬ヶ原の一部を周る予定。

どこまで行けるかは、その時の調子(時間・体力)次第とした。

スタートして間もなく、遊歩道沿いの足元にはお目覚め前のサンカヨウや私の好きなミヤマカタバミの群落。

程なくしてミズバショウやリュウキンカの咲く御池湿原へ。

 

 御池湿原から樹林帯に入ると早々に残雪が現れるが、普通に歩く分には問題のない程度だ。

 

その後も幾つかの小湿原が続く。まずは姫田代を過ぎてやや広めの上田代へ。

この辺りまでは御池から軽装で散策に来る人も見かけるが、その先から段吉新道に至るまでは全くの一人旅。

クマさんとのバッタリだけは避けたいね~(^^;)

 

 開けた場所からは平ヶ岳を始めとした越後の山々の眺望が素晴らしい。

 

雪融けの遅かった湿原には目立つ花はまだ少ない。

ショウジョウバカマの紫色が点々と彩を添えているくらいだ。

 

 ワタスゲはこんな感じ。ポワポワになるのが待ち遠しいね。

 

 上田代を過ぎて沢筋に下りると断続的に残雪区間が出現。

雪上を通り抜ける度にヒンヤリとした空気が身体を包み心地良さを覚える。

 

その後、横田代など幾つかの小湿原を通り過ぎていく。

 

それらの湿原ではミズバショウが見頃を迎えていた。

 

森の中では色鮮やかなムラサキヤシオが存在感を誇示する。

 

 

 裏燧橋からは長~い樹林帯の中を黙々と歩いていくだけ。

 

 やがて燧裏林道から段吉新道へ。その頃になるとミヤマカタバミもお目覚めの様子。

花の色は薄ピンクのものから・・・

 

 純白のものまで。

 

そんな花々を楽しみながら徐々に賑わいを見せつつある温泉小屋無料休憩所を通過。

さて、ここらで最初の一人作戦会議。まだ時間もあるし、体力も問題ない。

と言う事で、もうちょっと先へ行ってみよう!

 

 赤田代付近に咲くタテヤマリンドウ。ここより先の湿原にはずっと咲いていました。

 

 こちらはミネザクラの残り花。

 

ミズバショウ。

 

ニリンソウかな?他にはミツバオウレンなど。

 

 東電小屋分岐のベンチで地図を見ながら2度目の作戦会議。

時間、体力共にまだ若干の余裕?

当初はここから戻って三条ノ滝へ行く予定であったが、尾瀬ヶ原のこんな素敵な景色を見ていたら欲が出て来た。

 

ぐるっと周って約2時間。ヨッピ吊橋~竜宮十字路~見晴経由で戻ることはこの時点で決定。

只見川に架かる尾瀬東電橋を渡る。

 

 

 

その先の湿原ではミズバショウ、リュウキンカの花盛り。

 

  川の流れに沿って帯状に形成される拠水林の緑が清々しい。

 

 湿原から森の中に入る前に振り返って。

ここからヨッピ吊橋までは前方に至仏山、振り返って燧ヶ岳。そんな贅沢な風景が続く。

 

森の中に咲くスミレ。

 

 東電小屋にてトイレ休憩(チップ制)。これからヨッピ吊橋までは初めて歩くルートなので楽しみ。

地図にはクマ出没注意と記されている為か、遊歩道沿いに釣鐘が数ヶ所設置されていた。

 

 

 

 さて、進行方向に至仏山を眺めながらゆっくりと進む。

 

 

 

 時々振り返って、東電小屋方面・・・と、初めて歩く新鮮な景色を堪能。

 

 ヨッピ吊橋までやって来ました。

 

この先は以前にも歩いたことがあり、馴染みの風景が待っている。

 

 至仏山を見ながら直進すれば牛首分岐~山ノ鼻方面へ。

 

今回はヨッピ吊橋を渡った先を左折して竜宮十字路方面へと向かう。

前方に緩やかな富士見峠~アヤメ平の稜線が見える。

 

  木道を歩きながら湿原を覗くと蕾の膨らんだヒメシャクナゲが確認できた。

開花まではもうちょっとかな?

 

 竜宮十字路のベンチで池塘越しの至仏山を眺めながらおやつタイム。

1度腰を下ろすと立ち上がって歩き出すのが辛い。さすがに疲労が溜まって来たな~。

 

  龍宮小屋の脇を抜けて沼尻橋を渡り見晴方面へと向かう。

 

足元にはスミレやヒメイチゲ・・・

 

 普通の青っぽいものや白いもの、そしてややピンク色のものまで沢山のタテヤマリンドウが咲いていた。

 

 広大な下田代の先には目指す見晴地区と後方に聳える燧ヶ岳。

 

 見晴から至仏山を入れた定番の風景。

 

その見晴で暫しの休憩後、東電小屋分岐方面へと向かう。

 

 周辺の湿原に広がるリュウキンカのお花畑。

 

 

 

 黄色い帯の様な群落。これはこれでとても綺麗。

 

やっぱり尾瀬はいつ訪れても癒されるね。

ワタスゲが揺れるころにまた来ちゃおうかな~?

 

夏が来れば思い出す・・・遥かな尾瀬、遠い空~♪

 

そんな鼻歌が思わず出ちゃうミズバショウの風景も尾瀬ならでは・・・。

 

 

 

こちらは東電小屋分岐へと向かう歩荷さんの姿。

 

 その分岐より、美しき尾瀬ヶ原の風景を脳裏に焼き付けてお別れ。

 

温泉小屋無料休憩所先の分岐から道標に従って三条ノ滝方面へ下って行く。

休憩所付近に咲くオオバキスミレ。

 

尾瀬ヶ原の喧騒が嘘のように静かなコース沿いに咲くシャクナゲ。

聞えるのは川の流れとエゾハルゼミの大合唱。

 

平滑ノ滝展望台より。

 

岩々の道を通ったかと思えばグチャグチャの泥濘、記憶通りの歩き難い山道が続く。

そんな中、沢筋には可憐な花々が咲き誇っていた。

ヤマエンゴサク。

 

 で、やっと出逢えた清楚なサンカヨウ。

 

 ひっそりと目立つことなく咲いているヒメイチゲ。

 

 開花したばかりのピンクのミヤマカタバミ。

他にもスルーした花や自分では気づかなかった花もあるが、こんな小さな出逢いが楽しかったりする。

そうそう、ツバメオモトはトガクシショウマの所に咲いていたんだけど、後でもあるだろうとスルーしてしまった。

結局それ以降は見かけなかったので残念なことをしたな~(T_T)

 

 その後、鎖のついた急な階段を2カ所下って行くと三条ノ滝展望台に到着。

 会社の山仲間Мさんと来て以来。いや~、実8に年ぶり?懐かしいぜ!

 

 三条ノ滝の由来は水量が少なくなると三筋の流れに見える事から。と聞いたことがあるけど?

今はその姿が全く想像できない程の多さだね。

 

三条ノ滝を後に、燧裏林道分岐まではキツイ登り返し。

これがまた、想像以上の急登で思わず泣きが入る(^^;)

 

やがて傾斜が緩くなりタムシバの咲く兎田代が現れると気持ちも落ち着く。

 

 透過光のムシカリなど、疲れを忘れての撮影タイム。

 

その後、長~い樹林帯が続く燧裏林道を経て天神田代などの小湿原まで戻ってくれば安堵の時。

 

最後の力?を振り絞っての花撮りスクワット。

 

 上田代が見えたときにはベンチに倒れ込むように腰を下ろした。

隣には若いカップル、邪魔してごめんなさい。おじさん疲れちゃった(笑)

 

さて、後は這ってでも辿り着ける距離。

 

 御池田代を抜ければゴールも間近・・・

 

と、その前に・・・

 朝は萎んでいたミヤマカタバミやサンカヨウを目にしたら黙って通り過ぎる訳にも行かず。

 

 ゴール前のひれ伏しタイム。

 

スマホのデータでは距離にして約29Km、8時間50分。

高低差が少ないとは言えよく歩きました。

 

往復路共に誰にも会わなかった静かな燧裏林道と賑わいの尾瀬ヶ原。

そして数年ぶりのトガクシショウマとの再会、初夏の尾瀬を存分に楽しんだ1日となりました。

 写真の羅列でダラダラレポとなってしまいましたが、最後までお付き合い有難うございます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 約29km、8時間50分 | トップ | あじさいの季節 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初夏の花々 。。。 ! ! (多摩太郎)
2017-06-20 10:31:17
 こんにちは。
素晴らしい作品。。。ありがとうございました。次々と現れる花々に心あらわれます。
それにしてもよく歩かれましたね。健脚にびっくりです。。。\(^o^)/
Unknown (chikoやん)
2017-06-20 13:00:06
ほぼまっ平らな、鳩待ちからの尾瀬ヶ原で25キロ10時間越えで、もう、最後は「歩くのやだ~!」だったのに、さすがリンゴさん、歩くのはやっ!
今年は静かに森の貴婦人に会えてよかったですね~。
リュウキンカの花の帯もとっても素敵♪
そう言えば、私。今年は、まだ、サンカヨウは、葉っぱにしか会えてないんだっけ。(^^;
こんにちは (mimoza)
2017-06-20 17:34:42


素晴らしい景色を楽しませていただきました。

尾瀬に出向いたのはもう何年前か忘れるほど昔の事
そろそろ行きたいね~と話していたところでした!
だからと言って、とてもリンゴさんのコースは無理ですけどね(汗)
沢山のお花も楽しませていただきました。
ミヤマカタバミは切込み刈り込みコースにも咲いていました!
また素晴らしい風景楽しませてくださいね。


Unknown (mikko)
2017-06-20 20:04:58
いや〜凄い距離を歩かれましたね。
行きたい所を全部回っちゃった!って感じですね。
燧裏は静かでいいですよね〜
秋に1度行ってまた行きたい!と思っているのですが登山口までが遠くてね。
水芭蕉に続く花がたくさん咲き始めていますね。
とっても参考になりました。
^_−☆
Unknown (NAO)
2017-06-20 22:07:21
こんばんは。

モブログで何かに憑り疲れた様に、とあったので
さぞヘロヘロかと思いきや、そんなことありませんね(^-^)
静かに美しい尾瀬を楽しむ素晴らしいレポじゃないですか。
こういうレポは読者をグイグイ惹きつけますよ。
風景もお花からも、尾瀬の澄んだ空気が感じられます。
東電橋や東電小屋~ヨッピ吊り橋あたりの雰囲気も良いですよね。
満足の尾瀬でしょう (ケン坊)
2017-06-20 22:51:04
こんばんは
あぁ何度読んでも見ても素晴らしい尾瀬ハイクでしたね
青空の下、次々に現れる多くの花々と景色、眺望にうっとり
森の貴婦人、ムラサキヤシオ、サンカヨウなど...羨ましい!
ケン坊も御池~見晴は経験がありますが、その先までとは...
改めて体力・知力・決断力・勇気の持ち主だと再認識しました
凄い~ (のんびり夫婦の山遊び)
2017-06-21 13:13:29
リンゴさん、こんにちは!
超の付くロングルートを歩かれましたね~凄いですね。
それにしても最高の天気のもと、素晴らしい眺望に恵まれ、
見頃を迎えたトガクシショウマ、ミズバショウや
リュウキンカなど沢山の花々にも出逢え、花も眺望もと
何もかにもが最高の尾瀬でしたね。
何時かは最高の尾瀬にあやかりたいです。
多摩太郎さん (リンゴ)
2017-06-21 18:53:15
こんばんは。

これと言った決め手がなく、画像を羅列しただけのダラダラレポとなり失礼しました。
尾瀬ヶ原までは快調でしたが、その後三条ノ滝以降はヘロヘロ。
実は歩くのがやっとの状態でした(^^;)
chikoやん (リンゴ)
2017-06-21 19:00:11
こんばんは。

最初は温泉小屋から三条ノ滝へ周る予定でしたが、尾瀬ヶ原の風景に出合ったらその先を歩いてみたい。
と、欲が出て来ました。
chikoやんの25Kmも相当なもんですよ(*^^)v
1日を通して好天が約束されているのなら、少しくらい無理しても・・・
って、そう思っちゃいますね(笑)
mimozaさん (リンゴ)
2017-06-21 19:05:56
こんばんは。

会津駒も含めて桧枝岐方面へは年に数回足を運んでいます。
我が家から2時間弱、100km圏内なので運転が苦にならないギリギリのところでしょうか?
花や紅葉を求めて、多分また行っちゃうと思いますよ(笑)
mikkoさん (リンゴ)
2017-06-21 19:11:30
こんばんは。

我が家からですと群馬、福島のどちらへ行ってもさほど距離が変わらないのですが、コスパの面で御池側に軍配が挙がりました。
しかもバス利用をケチって燧裏往復と・・・(^^;)
今年は雪解けが遅く、ワタスゲやチングルマはこれからの様です。
NAOさん (リンゴ)
2017-06-21 19:17:23
こんばんは。

実を言うと完全にバテました(^^;)
もう、最後の頃は足を引きずっていたほどです。
高低差が少なかったのが救いでしたが、己の体力を考えると無理しちゃったかも・・・。
だって、尾瀬の景色や花が余りにも美しかったので、つい・・・(笑)
ケン坊さん (リンゴ)
2017-06-21 19:21:58
こんばんは。

高原山のツツジが終わって、その後奥日光、那須と来れば次は尾瀬?
なんて単純な思考での尾瀬行きでした(^^;)
森の貴婦人に魅せられて数年、やっと一人静かに観賞することが叶えられました。
さて、次は何処へ?
のんびり夫婦の山遊びさん (リンゴ)
2017-06-21 19:28:11
こんばんは。

多少のアップダウンはあるものの、ほぼ平行移動なのでこれだけの距離を歩けたのだと思います。
好天に背中を押されて花と眺望の欲張り尾瀬ハイクを存分に楽しむことが出来ました。
尾瀬はどの季節に行っても最高ですね。
Unknown (サクラマス)
2017-06-21 20:49:07
燧裏林道歩く人も少なく穴場ですね。三条の滝を見ると意外と登り返しがきつく大変だったことを覚えてます。私もトガクシショウマには偶然会えて感動しました。その時はニリンソウなのかもしかしたらフタマタイチゲ?みたいなものを見た記憶もあります。花の撮影でしゃがむと立ち上がりで私は立ちくらみして大変です(笑)
サクラマスさん (リンゴ)
2017-06-22 20:16:35
こんばんは。

燧裏林道を歩くのは今回で4度目ですが、特に人が少なかった様な気がしました。
やはり花の開花が遅いのが影響しているのかも知れませんね。
花撮りでの立ちくらみ&足の痙攣はいつもの事ですが、懲りずにやってます(笑)
凄いロング (まっちゃん)
2017-06-22 22:53:04
29Kmを9時間弱で歩くなんて凄すぎます。
それも花撮りしながら(今回もいろんな花が出てきましたねぇ)休憩も含めてですからどれだけ早足(=゚ω゚)ノ

それにしても朝6時出発となると、
宇都宮だと朝3時前に出発しないと無理。
これはほぼ絶望的です。
やはり前泊しかないなぁ。

まっちゃん (リンゴ)
2017-06-23 06:54:01
おはようございます。

スマホアプリのトラックログデータなので本当に29kmあったのかは疑問でが・・・?
休憩は賞味30分程度、歩き優先での山行でした。
昔は前泊での尾瀬行でしたが、最近は早起きした方がよく眠れる。と言う事が分かったので、3時起きでも苦になりません。
新潟方面へ行く時は2時起きですからね(;^ω^)
尾瀬 (たか)
2017-06-23 23:12:32
りんごさん、こんばんわ
尾瀬はいいですね。
何度 訪れても、その度に感動をモノに出来るのが尾瀬ですね。
残念な事に尾瀬で私が唯一行ってないのが三条ノ滝なのです。
何れ何れと言っている間に機会を逃がしてしまいそうで、りんごさんのお写真を拝見し気持ちに焦りが出て来ました。
以前、登った傘ヶ岳にも再び訪れて見たいし・・・困ったものです。

お花も美しい!!
こんなに沢山のお花たちをカメラに納められて見応えのあるブログになりましたね。

何時もリンゴさんの記事は私に刺激を下さいます。
高原山もそうですし今回の高山(クリンソウに変更になってしまいましたが)もりんごさんの記事を拝見しての計画でした。
今後も楽しみにしておりますね。

気力、体力 (和子&徹也)
2017-06-24 17:26:42
リンゴさん 凄いルートを歩かれましたね。
花の写真もこれでもかと言う程撮られましたて。
とても綺麗です。
今年は残雪が多いですね。
10日の自分達は尾瀬ヶ原まで行く気力、体力が有りませんでした。
たかさん (リンゴ)
2017-06-24 18:33:17
こんばんは。

三条ノ滝は今回で2度目となりましたが、その水量の多さ、迫力に改めて感動しました。
これから山開きとなる至仏山、燧ヶ岳などの登山も含め、尾瀬方面へはまた訪れる事になると思います。
今は花を求めて訪れたいところが山ほどありますが、まずは近場の日光、那須方面の情報発信をして行けたらな~と。
和子&徹也さん (リンゴ)
2017-06-24 18:39:53
こんばんは。

先週末は余りにも天気が良かったので少々欲張り過ぎました(^^;)
和子&徹也さんも燧裏林道から三条ノ滝へ行かれたんですね。
その前に歩かれた皇海山クラシックルートがハードだったので、丁度良い足慣らしになったのではないでしょうか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。