あの空に背伸びして

山好き中高年のblog
2017/3/25 白河市・関山山頂より

思い出の関山を10年ぶりに歩く

2017年03月26日 | 2017年山歩き

2017/3/25(土)、福島県白河市の関山を歩いて来ました。

標高の低い里山であっても展望&花の有無は選ぶポイントとして重要視される。

※山頂より那須連峰、甲子旭岳の眺望。

 

●前半の部(ログ下時計回り)内松登山口(8:17)~関山(8:45-9:16)~硯石登山口(9:45)~内松登山口(9:55)

●後半の部(ログ上時計回り)二枚橋登山口(10:25)~参道コース~関山(10:58-11:22)~瀧不動尊コース~登山口(11:50)

※クリックで拡大 

 

坐骨神経痛の症状が出てから暫く山行を自粛していたが、快方へと向かっているので軽ハイキングならOKとGOサイン。

幾つかの候補の中から10年程前に勤務先の山仲間らと歩いた白河市の関山を選択。

当時の事は殆ど記憶にないが、山頂からの展望が良かったのだけは覚えている。

自宅から登山口付近までは約55kmと意外に近い。白河関跡を過ぎた内松地区の登山口からスタート。

うつくしま百名山で一番早い山開きを翌日(26日)に予定され準備も整っている様子。

 

 まずは聖観音と六地蔵の石像がお出迎え。

山頂に建立された満願寺へと続く由緒ある山道だ。

 

 花粉症の人には厄介な杉の植林帯をひたすら登っていく。

 

 僅か20数分ほどで山頂直下の山門跡に到着。

何となく10年前の記憶が甦ってきたが、この時点ではイマイチピンとこない。

 

 

 

山門跡の所で聞えて来たゴーンという鐘の音はこれか!

 満願寺に伝来した銅鐘を寛文4年(1664年)に当時の白河藩主が寄進したとされる。

 

 周辺には植栽されたフクジュソウが咲き揃う。

 

 日差しを浴びて元気はつらつ!

 

関山満願寺。

満願寺は730年(天平2年)に聖武天皇の勅願寺として行基が開いたと云われている。

松尾芭蕉が曽良を供に白河関跡を訪れた後、白河城下に向かう途中でこの関山に登ったとの言い伝えも。

 

 その先が関山山頂(619m)。

 

 低山とは思えない大パノラマが広がる。

山稜部にはべったりと雲が張り付いていたが、特に那須連峰方面の眺望は良好。

 

 冷たい北風が吹く中、おやつタイムを含めて30分ほど休憩。

まだ時間が早いこともあって訪れるハイカーは疎ら。

 

 下山時に気づいたショウジョウバカマ。

 

 復路は当初の予定通り硯石登山道を経由。

 

 麓の集落を望む。

 

今回は予め取得した登山アプリのルート図で現在地などを確認しながらの山歩き。

一般の登山道を歩く分には十分使えるのを実証できた。

 

 

 

 登山道脇にはシュンランが咲き始め。

 

 フキノトウ。

 

 こちらの登山道を利用する人は少ない様子であるが、道標、踏み跡はしっかりしている。

 

 硯石登山口に到着。ここからは暫しの車道歩き。

 

 出発地の内松登山口にゴール。

5~6台分の駐車スペースは埋まっていた。

 

 足慣らしと言っても2時間弱では流石に物足りない。まだ時間があったので計画にはなかった別の登山口へと移動。

最初は様子見だけの心算でいたが、体調が良かったので再び山頂を目指し登る事にした。

二枚橋登山口には幾つかの駐車場があるが、自分は民家脇にある中間箇所に駐車。

 

 こちらはその先にある広めの駐車場(15台分)で簡易トイレあり。

 

 右は鳥天狗の道(中級者コース)、左は参道(初心者コース)への登山道分岐。

今回は登りで参道、下りで鳥天狗の道(瀧不動尊登山道)を選択。

 

 参道中間辺りの金明水。

自分はの飲まなかったが、冷たくて美味しい湧水が流れている。

 

 その右裏側にイワウチワ群生地への踏み跡。

 

イワウチワの開花はまだまだ先の様である。

 

 その後、本日2度目の関山山頂へ。

昼時とあって前半の部よりも多くのハイカーで賑わっていた。

地元の方にとっては散歩コースの一部で手ぶらの人も見受けられた。

 

 この時間になると張り付いていた雲も取れて眺望もクリア。

 

 こちらは北方向。安達太良山でしょうか?

そう言えば前回来た時に山仲間のМさんが山頂から見える権太倉山が気に入って、後日に登ったのを思い出した。

 

 さて、山頂周辺をあっちこっち探索した後に鳥天狗の道(瀧不動登山道)より下山開始。

因みに山頂付近のトラックログが乱れているのは徘徊したため(^^;)

 

登山道は急傾斜で要所にはトラロープが張られていた。

10年前に来た時は内松登山口から登ってこちら側へ下りたのを思い出す。

下山してからスタート地までの道順が分からず、地元の人に尋ねながら漸く戻ったのである。

 

 林床にはカタクリの葉が其処彼処に。もう少しすると、イワウチワの花と共に楽しめそう。

尾根から沢沿いの道へと変わり、やがて瀧不動尊へ。

 

 滝と言っても、落差1mほどの小さな斜滝。

 

 民家の飼い犬に吠えられながらゴールの駐車地へ。

 

 距離こそ短かったが、3か所の登山口を8の字に辿る山歩きが出来た。

もっとも最初から計画していれば、場所を移動せずに1度で歩き通す事も可能。

一般の登山道としては今回のコースがポピュラーであるが、破線ルートを含めるとまだ幾つか歩けそう。

昨夜は多少の筋肉痛が残ったものの、心地良い眠りに就いたのは言うまでもない。

 ☆歩いた距離:9.5km

☆所用時間:4時間3分(休憩53分)

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

思い出の関山を訪ねる

2017年03月25日 | モブログ・速報

 2017/3/25(土)、足慣らしに県外の里山を歩いて来ました。

福島県白河市の関山。10年程前に勤務先の山仲間らと訪れた思い出の地であります。

前半は内松登山口~山頂~硯石登山口~内松登山口の周回コース。(トラックログ下部)

後半は場所を移動して二枚橋登山口~参道~山頂~鳥天狗の道~二枚橋登山口の周回コース。(トラックログ上部)

下図の通り八の字に全ルートを踏破。山頂を2度踏んで来ました。

※クリックで拡大↓

 

山頂付近のフクジュソウ。

 

山頂より那須連峰、甲子旭岳方面の眺望。

 

帰路は先週訪れた秘密のハナネコノメポイントへ寄り道。

 

朝早くから夕方近くまで充実の山遊びとなりました\(^o^)/

詳細は後日。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秘密のハナネコノメ

2017年03月20日 | 街中歩き・散歩

 雄しべの赤い葯が特徴のハナネコノメの存在を知ったのはブログを始めてから数年後の事。

どなたかのブログで見た可愛らしいその姿にハートを射抜かれた♡

 

そして実物を見たのが2012年5月の袈裟丸山の塔ノ沢コースにて。

想像していたよりも小さくて可愛らしい姿にビックリ。

その時はアカヤシオの季節なので既に赤い葯は取れていたが、物凄い群落を目の当たりにして随分興奮したのを覚えている。

その後足利市の仙人ヶ岳、栃木、茨城県境の花瓶山、群馬県桐生市の鳴神山でその可憐な姿を見ることが出来た。

撮影意欲を掻き立てられる可愛い花であるが、実物はとても小さくてクリアに撮るのは難しい。

一眼レフ+マクロレンズの組み合わせならまだしも、安物のコンデジではとても太刀打ちできない。

 

 で、今回はある情報筋から我が家からさほど遠くない高原山系某所の谷間に咲くハナネコノメ情報を入手。

詳細なハナネコポイントは得られずも、取り敢えず半信半疑で訪れてみた。

 こちらの場所には紅葉時期に何度か訪れているが、春先に来るのは初めての事。

 

 ハナネコノメを探しながら周辺を暫く彷徨ったがそう簡単には見つからず。

諦めて帰ろうと思ったが、どこかで私を呼ぶ声が・・・

声のする方へと近づくと、いました!いました!カワイ子ちゃん♪

 

  タイミングとしてはちょっと早過ぎたようで、開花していたのは全体の1割にも満たないほど。

なので、余計に見つけ難かったんだね。

今度の週末辺りは一斉に開花して凄いことになっていそうですよ。

 

  小さな沢沿いには他にも可愛い花が咲いていた。

トウゴクサバノオ。

 

 ここは知る人ぞのみ知る秘密の花園と言う事で、詳しい場所の公開は伏せておきましょう。

家から車で僅か20分の距離。

駐車地から歩いて10数分。道は少々荒れ気味。

これからは熊の出没も注意しないと・・・🐻

あ~っ、それにしても変な色(^^;)やっぱ、カメラ買おうかな。

 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

花撮りおやぢ始めました~♪(イワウチワ咲いたよ)

2017年03月18日 | 街中歩き・散歩

今日は春の陽気に誘われて花撮り散策に出かけて来ました。

先ずは午前の部、那須塩原市の東那須野公園へ。

園内の水仙が咲き始め、「みね山 花まつり」が開催されていました。

 

 

 梅の花と水仙のコラボが見事ですね。

 

 

 丘の上の少女ブロンズ像と那須連峰。

 

 

 同じく展望台(みね山?)より。

那須連峰の他には男鹿山塊、高原山、日光連山などの展望があります。

で、東那須野公園のピークに「みね山」という名があるを初めて知りました(^^;)

 

 

 みね山から尾根続きに進むと一等三角点が設置された稲荷山に到着。

 

 

 ジョウビタキ♂でしょうか?

 バードウオッチングをしながらのんびりと周辺を散策しました。

 

 

 

 

 

続いて午後の部。

まだ花時期には早いと分かっていましたが、県東部某所のイワウチワ群生地を訪れました。

すると、日当たりの良い尾根筋に数輪の開花を確認!

 

 

途中でこちらの群生地を管理している方にお会いしたが、昨日までは全く開花していなかったとの情報を知らされた。

 

 

まさに咲き始め。

先発隊のイワウチワに会えてラッキーでした\(^o^)/

 

 

 

その管理人の話によると今年は開花にバラツキがあり、その分長い間楽しめるとの事。

開花宣言は順調にいけば23日頃になるそうです。

 

 

 

 

 

群生地の入り口には雪割草も植栽され、可憐な姿を見せていました。

 

  ああああああ~!花撮りおやぢを公言している割には情けない画像の羅列(T_T)

これでは自己満足の域にも達してないけど、お財布事情によりおニューのカメラを買うのはもう暫くの辛抱。

で、その後の坐骨神経痛の具合であるが、少しずつ快方へと向かっているのは間違いない。

まだまだ無理は出来ないけど、じっとしているよりも動いている方が気が紛れるのだ。

 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとお散歩@川崎城跡公園

2017年03月12日 | 街中歩き・散歩

ケツが痛くて山に行けないもどかしさに苛立ちながらも近場で散歩。

梅が見頃となった川崎城跡公園へ。

 

 

 

 

 

 推定樹齢400年のヤマトアオダモ。

樹高は24メートル超、青空に背伸びしているかの如くのノッポさん!

古の時代から今まで、ずっと城下を見守っているんだね。

 

 

そして梅の広場。いい香りです。 

 

 

 

 

 

本丸跡から那須岳~裏那須の眺め。

こんなにいい天気なのに山へ行けないなんて・・・(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

その後県民の森の宮川渓谷歩道へ移動。

小さな春の息吹を探索するもまだまだ発見には至らず。

さて、明日は仕事を休んで某所へ所用の為にお出かけ。何か見つかるかな?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加