エッセイ  - 麗しの磐梯 -

「心豊かな日々」をテーマに、エッセイやスケッチを楽しみ、こころ穏やかに生活したい。

麗しの自然に 老いを過ごす  

2017-05-17 | 自然観察

 

 忙中の閑を見つけては里山を巡っている。季節は巡り、ようやく虫たちの季節到来だ。

”生きているうち はたらけるうち 日のくれぬうち”は相田みつをの名言だが、いつまでも若くない。

健康なうちにと思いながら、いつも自然を友としている。

風もなく穏やかな撮影日和、携行はリュックにお茶、クマ鈴とカメラだ。

フキの葉が広がる林に入ると、木漏れ日にエゾタンポポ、カキドオシに混ざりムラサキケマンが点々と咲いていた。

やがてモミジイチゴの白い花にウスバシロチョウが吸蜜に訪れた。例年より2週間ほど遅れての、待ちに待ったたおやかな舞い姿だ。

      

翅の伸びきらない新鮮な個体に、這いつくばって接写レンズを向けた。

    

コンロンソウの群落の向こうにはヤマツツジが満開だ。

目にする自然のすべてが麗しく、これ以上の美しさはない。

ニホンカワトンボを初見。

   

  

今日も自然の中でいろいろな不思議に出会い、何故だろうかと考える。

老いを迎えてのやすらぎのひとときを過ごしている。

    花びらが変わっている。雑種タンポポ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラカネトンボ | トップ | 森で遊ぼう 第1回 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。