エッセイ  - 麗しの磐梯 -

「心豊かな日々」をテーマに、エッセイやスケッチを楽しみ、こころ穏やかに生活したい。

ヒメシロチョウの保護

2016-10-15 | Weblog

 

 先日、民友新聞に「草刈りは慎重に 生態系へ配慮を」を投稿し、絶滅が心配されるヒメシロチョウの保護について問題を提起した。

 その後、関係行政と善後策を検討し、未だ除草の済まない土手の一部にヒメシロチョウの食草ツルフジバカマの群落を残してもらった。

  

 穏やかな秋の日に、ロープで囲われ刈り残されたツルフジバカマを見に行くと、無事終令にまで育ったヒメシロチョウの幼虫がいくつも見つかった。

 やがて蛹になり、長い冬を越して春一番で舞い立つヒメシロチョウを想像した。

 何頭もの貴重なヒメシロチョウのいのちが救われ、嬉しかった。

  

 会津地方ではヒメシロチョウは年3回の発生だが、その1回でもいのちのつながりが絶たれたら絶滅してしまう。

 ヒメシロチョウの生息は局地的であり、食草の分布が重要だ。

 これからは、草刈りのあり方と共に土手一帯に食草を移植することも一策だと思う。

 近い将来の絶滅を防ぐ為にも、こうした実践が急務と思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩秋の趣   祝 七五三 | トップ | 晩秋の里山 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (トド伯父)
2016-10-15 19:13:08
良かったですね
先生の問題提起が実を結んだのですね
素晴らしい! 
官と民が協力しあってより良い環境が
保たれればと思っています
トド伯父さんへ (Unknown)
2016-10-16 06:54:44
草刈りはなかなか難しい問題です。
ヒメシロチョウにとっては、刈らずにおくだけではいろいろ支障がありそうです。研究考察中です。
秋も深まり、紅葉を楽しみながらゆっくり温泉に浸かりたい心境ですが、なかなか実現できないでいます。
甲信地方でも減っていると感じます (ヒメオオ)
2016-10-16 16:41:30
ヒメシロチョウは、ここ数年甲信地方でも
減っているように感じます。
会津地方では何とか増えてくれると嬉しい
です。
ヒメオオさん (Unknown)
2016-10-17 18:10:12
福島県でも、浜通り、中通りでは見られなくなってしまいました。
食草の関連、あまり飛ばないチョウなので、生息は局地的です。
草原性のチョウで、草刈りもある程度必要で、むずかしいところがあります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。