エッセイ  - 麗しの磐梯 -

「心豊かな日々」をテーマに、エッセイやスケッチを楽しみ、こころ穏やかに生活したい。

ホシミスジ健在

2017-06-12 | 日々の生活

朝8時は、「小さな旅」 只見町だった。

 

  

嬉しいことがあった。

 庭を巡っていたら、梅の木の下のユキヤナギの植え込みにホシミスジを初見した。嬉しかった。

  

 

 何日か前に、ひょっとしてと後を追い確認していたが、みなコミスジだった。

 未だ羽化したばかりのホシミスジ、植え込みの下へ落ち、草の間を歩くように飛んだ。

 弱々しく羽ばたき、既に花の終わったフタリシヅカの葉に止まった。

 ゆっくり羽ばたきもした。約40年、我が家の庭にで発生繰り返している。

 いよいよ絶えたかと、心配な年もあったが、毎年数頭だが、命をつないできた。

 我が家にはユキヤナギ、コデマリ、シモツケと、食草がいっぱい植わっている。

 ところで、ウマノスズクサもかなり増えたが、ジャコウアゲハは数年訪れていない。

 町内の各家の庭にも、草花だけでなく、もっとチョウの食草を増やせないか考えている。

 思えば、アゲハもキアゲハも毎年育っていたが、ここ数年はほとんど来なくなった。

 本当にチョウが少ない感じがしている。

 ベニシジミ、ルリシジミはときおり見かけるが、数年前まで当たり前にいたヤマトシジミもあまり見なくなった。

 ともかく、理由を考えながら、何とか生き延びて欲しいと願っている。

 夕方も、じっと動かないホシミスジ、今夜はここで休むのだろう。明日また会おう。

 

《巡った庭の景色》

  

  スイカズラ

 シモツケソウ  セアカツノカメムシ

 後ろ足に花粉だんご、空中で飛びながら丸められ、巣の中での保存食になる。

  セイヨウミツバチ

  コアシナガバチ

 スイセンノウ  イモカタバミ

 3倍体雑種タンポポ  3齢

   ドクダミ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭にシュレーゲルアオガエル | トップ | ヒメシロチョウの蛹化に驚く »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ホシミスジ (山裾の人)
2017-06-13 23:21:24
こんばんわ
こちら信州立科ではコミスジもホシミスジも未だ観ていません。
今年は異常に寒く、朝の気温が七℃前後、部屋では暖房を入れる状況です。
蝶や蜂の姿がすくなく心配です。
庭を巡る花を見ると拙宅と同じような花が咲いていますね。
先週も草刈り機を取り出すとツメクサにウスバシロチョウが2頭いて動きません。
裏山との境もホタル袋が芽を出し始め、今草を刈るわけにはいかず、結局撤収でした。
花や虫たちには癒されます。
Unknown (デン)
2017-06-14 08:48:21
先日はお忙しいおころお邪魔しました。
時間を忘れて楽しい時間を過ごすことができました。

翌日は、身欠き鰊と山椒漬けたれを買い求め(山椒はどこの店にも有りませんでした)、喜多方の「陽かろう」、熱塩加納町のヒメサユリ群生地を巡ってきました。
ラーメンは美味しかったですし、ヒメサユリは見頃でとてもきれいでした♪

お陰さまで、とても楽しい旅となりました。
ありがとうございました。
山裾さん (Unknown)
2017-06-15 09:55:53
こちら未だ梅雨入り宣言なく、まあまあの初夏です。
毎日雑用に追われながらも、里山を巡っています。
ちっぽけな庭も救いです。
キビタキは福島県の県鳥です。たま~に見かけます。
ときおり、貴ブログに豊かさを感じ、名文を楽しんでいます。お身体大切にお過ごし下さい。
デンさんへ (Unknown)
2017-06-15 10:01:11
先日はお世話になりました。
少しづつ、記憶が甦りました。

山椒は、多分売り物ではないようです。
若芽を使いますが、調達できますか?
内容でしたら、送りますよ?

これからもよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。