エッセイ  - 麗しの磐梯 -

「心豊かな日々」をテーマに、エッセイやスケッチを楽しみ、こころ穏やかに生活したい。

キトンボの産卵

2016-10-18 | 自然観察


秋も深まり、キトンボがペアになって水辺で、打泥産卵を繰り返している。

産卵弁がとても大きい。

ふと、どういうわけか、頭を挟んでいた♂が離れた。その後、♀は何もなかったように単独で産卵を続けていた。

離れた♂は警護飛翔していた。

トンボの産卵方法はバラエチィに富んでいる。

水辺の岸で打空産卵を繰り返すマダラナニワトンボの姿が浮かんでくる。卵が落ちる瞬間を何度か撮ったことがあった。

ノシメトンボも同じように豊かに実った稲穂の上からペアになって打空産卵している。

またこの時期、刈り取りの済んだ水田の水たまりでアキアカネが打水・打泥産卵をする光景が見られる。

 

     

    

  単独で産卵を警護するオス    翅はずいぶん赤い

    アキアカネ アキアカネ  マユタテアカネ

 

 変わっているのはエゾイトトンボで、見ていると連結したまま潜水して、♂一緒にすっかり潜って産卵していた。(数年前の撮影)

  

  メスが潜水し産卵 アオイトトンボ

また、アオイトトンボが抽水植物に集団で産卵している様は壮観だ。

昔の写真だが、同じ池では今ほとんど見かけなくなってしまった。この池は人工池で、5~6年放置状態だった。

植生も変化し、改善を訴えているが聞く耳を持たない。

【アオイトトンボの産卵】    

それぞれ産卵様式には、それなりの進化の歴史があり、その違いが種の系統関係を反映しているらしい。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アオイトトンボの仲間 | トップ | ブログしばらくお休みします。 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トンボトンボトンボ (sasanoha7920)
2016-10-20 10:50:12
この夏、秋はトンボを沢山見せて戴き有難うございました、夫婦仲良く産卵をしてトンボの一生は終わるのでしょうが、又来年ヤゴから始まる生態が見られることを、非常に楽しみにしています。トンボさん有難う、麗しの磐梯さん有難うございました。
sasanohaさん (Unknown)
2016-10-20 14:36:23
トンボ、チョウ、小さな虫たちに癒される日々です。
しばらくは、元気な昆虫老人でありたいと思っています。
秋も深まり、これからは水鳥に癒されたいと思っています。
一日も早い復調をお祈りします (さんたろう)
2016-11-04 11:29:46
御免なさい。ご無沙汰申しあげてお師匠さんの体調を崩されたこと知るのが遅れてしまいました。

実は私もちょっと老化が進み惑うことなどあってブログを休んでおりました。sasanohaさんに教えて頂いてびっくりしてとても心配しております。

どうかどおか一日も早く復調なさってお元気になられることをお祈りしております。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。