エッセイ  - 麗しの磐梯 -

「心豊かな日々」をテーマに、エッセイやスケッチを楽しみ、こころ穏やかに生活したい。

ギフチョウに再会

2011-05-09 | 環境問題

 ギフチョウの生まれるころに連休がある。ギフチョウにとっては災難、困ったことだ。
例年ギフチョウの撮影に出かけるが、そこは採集マニアが大きなネットを持って待ち受けている。いつも耐えられない光景だ。
 先日、連休の合間(5/6)、静岡と多摩ナンバーの車だったが、まだ少し早かったようで、彼らに採られなくて良かった。
ギフチョウは福島県では準絶滅危惧種、環境庁カテゴリ-では絶滅危惧 II 類に分類される希少なチョウだ。
また、西会津町は自然環境保全地域として保護対象となっていて、もちろん採集も出来ないはずなのだが・・・。

 今日は風もなく快晴、もう一度ギフチョウに会いに行った。
 連休明けの月曜日でもあり、思ったとおり気分の悪い採集者には出会わなかった。
 例年は、カタクリや桜に吸密するところを撮ることもあるが、なかなか上手く写せないものだ。
 カンアオイの散見できるポイントで、食草を探して飛ぶギフチョウに合うことが出来た。 
今年はやはり雪が深く、まだ残雪も多く1週間ほど遅れているようだ。
 産卵を待ったが、いっこうに止まる気配はなかった。
 何回か数頭が飛翔するギフチョウにカメラを向けた。
 不十分だが、何とか「春の女神」とわかる写真を撮ることが出来た。



 純真な美しい蝶を思いながら、窓を開けて車を走らせた。
 車窓から、水の入った田に逆さ磐梯がさわやかに映っていた。

日記@BlogRanking
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  母の日 | トップ | 雨上がりの五月の風 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ギフチョウ再会おめでとうございます (ヒメオオ)
2011-05-11 07:20:01
発生不調の福島県のギフチョウに再会できたようで良かったですね!春の女神とともに地震も落ち着いて欲しいと祈っているヒメオオです。
ギフチョウ (マーヤンです。)
2011-05-12 03:29:33
ギフチョウに会えて良かったですね。こちらの「外様地区」がギフチョウのメッカですが、同様に絶滅危惧種に指定され心配しております。私共飯山市の出身の先生が、ギフチョウの研究者で有名な先生がおいでです。下記のURLを開けてみてください。
http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/creator/1549288.html
ギフチョウ・・・マーヤンさん (会津マッチャン)
2011-05-12 10:07:18
藤沢正平先生の「ギフチョウとヒメギフチョウ ]が手元にあります。
すばらしい研究調査報告です。小生、その序文を書かれた小山先生を頼り信州へ行きました。
学生時代、ヒメギフチョウの飼育を思い出します。
ギフ ・・・ヒメオオさん。 (会津マッチャン)
2011-05-12 10:14:32
今年は時期が大分遅れています。
ウスバシロチョウもまだですが、庭にいつしか殖えたムラサキケマンがきれいに咲いています。
 環境もそうですが、希少なチョウの不必要な採集が疑問です。
 そろそろカワトンボも現れそうです。

コメントを投稿

環境問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事