エッセイ  - 麗しの磐梯 -

「心豊かな日々」をテーマに、エッセイやスケッチを楽しみ、こころ穏やかに生活したい。

カラカネトンボ

2017-05-14 | 自然観察

 朝から快晴、昨日中止になった孫の運動会の応援はばあちゃんに任せた。

 白岩先生の祝賀会に間に合うように、午前中トンボの発生を確認に里山へ。

 
 
 いよいよ、トンボが出始めた。

 いつもエゾイトトンボが発生する林、羽化したてのオオイトトンボがキラキラ輝きながら足元から舞った。未だ体色はない。

 斑紋から見て、オオイトトンボとアジアイトンボのようだ。

    

 十数年前まではちょくちょく見かけていたカラカネトンボに出会った。しばらく見なかった。

 これも羽化して間もない個体、でも、近づくと逃げ足は速い。

      

 トンボも、チョウも例年より少し遅い発生のようだ。

 タンポポ博士との思い出の「ウスバシロチョウとタンポポの楽園」でも、ウスバシロチョウが未だ見えない。

 コンロンソウが満開だ。

    

ここのタンポポ、どれも茎が長い。

  タンポポハンドブックにあるセイタカタンポポではないだろうか。ちょっと調べてみたい。

   セイタカタンポポ?  

    コメツキムシ科

  ヒメアカハネムシヤマキマダラヒカゲ

 

  ようやくリンゴの花咲く

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「徳一と勝常寺」出版祝賀会 | トップ |  麗しの自然に 老いを過ごす... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初トンボ (sasanoha7920)
2017-05-16 16:04:16
初お目見えですね、毎年初めてトンボ見つけた時はどんな気分なのでしょうか、今年も楽しみにお待ちしています。
sasanoha7920 (Unknown)
2017-05-17 21:36:55
雪国の、春は一番の季節です。
次々時、新しいいのちの誕生を楽しんでいます。
元気なうちは、絶滅が心配な小さな虫たちを見つめています。その保護が願いで、里山を巡っています。
きょうはニホンカワトンボを初見しました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。