エッセイ  - 麗しの磐梯 -

「心豊かな日々」をテーマに、エッセイやスケッチを楽しみ、こころ穏やかに生活したい。

晩秋の趣   祝 七五三

2016-10-10 | 日々の生活

晩秋の趣き
 
 ススキが揺れ、足元からアカネが飛び立つ林道を歩いた。
深まった秋の寂しさの中、小さな命を見つめてきた。

それでもと、コバネアオイトトンボ、マダラナニワトンボに会えるかも知れないと出かけたが、いよいよ、トンボ・チョウの季節も終わりが近い。

つい先日までカンガレイに産卵していたアオイトトンボも、ハート型に連結していたアジアイトトンボもすっかり姿を消してしまった。

3,4年前に、何組もがペアになり打空産卵を繰り返していたマダラナニワアトンボも、今は幻、静寂の水面にさざ波が立ち、静かに岸に打ち寄せていた。
 

    アオイトトンボ

ウメモドキ   蕎麦の刈り取り

帰りに、9月に小学生と一緒にヒメシロチョウを観察した蕎麦畑の土手に寄った。

あわよくば無事に育った幼虫を見たかったが、そこはきれいに草が刈られていた。

新芽が伸びているので、あれからほどなく刈られたのだろう。

さらに1㎞ほど上った、当初野外授業で計画していた観察フィールドを見て歩いた。

しばらくして、3令幼虫を2匹見つけた。今後子ども達に見せたい思いもあり、持ち帰ることにした。我が家の庭のツルフジバカマに放した。
 

 3令幼虫 

りんご園のHさんを訪ねると、ジョナゴールドの出荷中、少し分けて貰った。

リンゴの木の下に、キタテハ、アカタテハが陽を浴びていた。フジは11月中旬の収穫、その頃また分けてもらいたい。
   

里山を巡ると、どこもセイタカアワダチソウが目立った。

帰化植物として騒がれ始めたのが40年ほど前、そのころ修学旅行の窓から状況を観察したことがある。

たしか、郡山までは見られず、東京へ近づくにつれ徐々に増えていった覚えがある。

いまや、この近くの里山はあちこちに群落が見られるようになった。

市では、夏のオオハンゴウソウの駆除には一生懸命のようだが、セイタカアワダチソウへの対策はどうなのだろうかと思った。

この黄色い花は何となく好かない。でも、晩秋を迎える今、キタテハ、ヒメアカタテハ、モンシロチョウが吸蜜に集まっている。

今元気で目立つのがキタキチョウ、今日は未だ翅の伸びない羽化したばかりのキタキチョウを見た。これは越冬型だろう。

    

    アカタテハ リンゴ園で

また、ウラナミシジミが、土手にまばらに植えられたインゲンの花に産卵していた。

これは、残念ながら冬は越せない。秋に現れるこのチョウ、越冬北限は千葉県あたりという。

春から北上しながら発生を繰り返しているという。

  


 アキアカネを捕えているジョロウグモを撮っていたら、目の前に銀色の光が横切った。

この頃あちこちで見かけるウラギンシジミだった。この辺りで土着しているものと推測している。

   土着しているに違いない

  


 足下に、ミドリヒョウモンが舞い降りた。何をするでもなく、路傍で日向ぼっこらしい。秋の深まりを感じた。

  アキノキリンソウ 

 モンシロチョウ キャベツ畑で  キタテハ秋型
*******************:
昨朝はゆうくん5歳、すずちゃん3歳,7・5・3のお祝い、お諏訪様でお祓いを受ける。

昼に、お祝いの席にお呼ばれ、「えびや」でご馳走になり、孫たちの成長を祝った。

   すくすく育て!

酔いも抜けぬまま、町内の合同役員会、敬老会の検討会議と、多忙な一日であった。

ときおり咳が出て胸が痛んだ。

急に寒くなった。嘘でなく、炬燵を出そうと思っている。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絶滅が心配なトンボ、何とか... | トップ | ヒメシロチョウの保護 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自然 (sasanoha7920)
2016-10-12 11:28:11
女郎蜘蛛が赤とんぼを捕食する姿、一瞬ですが子供の頃、自由に飛べるトンボが羨ましいと思っていたのが、憎い蜘蛛め!と、然しそれが自然界の姿なのでしょうか、トンボが減れば蜘蛛も困惑する、自然が人間により、又は外来動植物に変化を余儀なくされる、何とか元の環境に戻そうとする日頃のご努力に敬意を表します。以前に行った勿来の山間のダム近く、休み処お茶屋のおかみさんが言ってました「最近蝉の声がしなくなった、トンボが減った・・」と
sasanohaさん (Unknown)
2016-10-12 11:54:56
 とどめを刺されないトンボは、クモには悪いが何度も助けました。
 自然界の食物連鎖で生態系が保たれているのですね。
 地球温暖化で、チョウも分布の北限が北へ移動しています。以前は浜通りでしか聞けなかったツクツクボウシは会津でも聞くようになりました。
 確かに、虫の数は減ってきています。
 身近でも、人間が自然を壊し続けている事実をいろいろ見ています。
元気になられましたね。 (マーヤン)
2016-10-14 08:17:20
相変わらず話題豊富なマッチャンのブログ、見事にいろいろ書けますね。感心しております。
マーヤンさん (Unknown)
2016-10-14 22:30:18
おばんで~す。
結構歩いていますが、やはり歳やら、病歴を意識しています。たま~に引いた風邪ですが、もう3週間、咳が続いています。
寒くなりましたね。
今日は猪苗代に飛来したコハクチョウを撮ってきました。
チョウ、トンボなど、例年と比較できる備忘録です。
いつも素晴らしい句を鑑賞させて頂いてます。
お窓さんの可愛い七五三 (さんたろう)
2016-10-15 09:11:18
いろいろなチョウやトンボがいろんな姿していろんな生活しているんですね。正直なところとても区別がつかないものばかりです。そのつどご教示を頂くことにいたしますのでよろしくご教示くださるようお願いいたします。

お孫さんの七五三の写真可愛いですね。お祝いもうしあげます。
さんたろうさんへ (Unknown)
2016-10-15 16:06:27
チョウとトンボ、小学生からもう60年のお付き合いです。
毎日同じ仲間の写真撮りですが、飽きませんし、ますます愛おしくなりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。