エッセイ  - 麗しの磐梯 -

「心豊かな日々」をテーマに、エッセイやスケッチを楽しみ、こころ穏やかに生活したい。

シーズン到来の里山

2017-04-04 | 自然観察

いよいよ小さないのちが活動しはじめた。

初チョウは、3月はじめ庭で見たテングチョウだった。

昨年は春が早く、たしか4/5だったかツルフジバカマの芽吹きを見に出かけたら、羽化したばかりのヒメシロチョウを見た。

例年は4月中旬、でも、ひょっとして・・・と出かけた。今シーズン初めての里山だ。

ヒメシロの里は未だ雪がまだらに残り、フキノトウが続々顔を出していた。

期待したのはルリシジミ、コツバメなどか、全くひっそり、春未だ浅すぎた。

 ツルフジバカマはすぐ分かる

いつもの所  

会えたのはルリタテハ、オツネントンボだけ。

   

せせらぎを聞きながら、ショウジョウバカマを探した。美しく咲き始めた何株かを撮った。

 

  

  

民家の流れにミズバショウ、土手には満開の福寿草。

     

イチョウ畑の梅が数輪咲き始めていた。少しの春を取って回った。

  

   

 ヒュウガミズキつぼみ 

 もうじき、サンシュウ 

キブシの開花も落葉松の芽吹きもあと少し 

  八田野

数日気温が上がる予報だ。

先ずは、ヒメシロチョウ、そのあとは西会津のスギタニルリシジミ、ギフチョウの撮影を期待している。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タバコのポイ捨て | トップ | テントウムシ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。