エッセイ  - 麗しの磐梯 -

「心豊かな日々」をテーマに、エッセイやスケッチを楽しみ、こころ穏やかに生活したい。

ヒメシロチョウの蛹化に驚く

2017-06-16 | Weblog

土手の除草を前に、ヒメシロチョウの卵を採取し観察していた。

挿し芽の葉は2齢~3齢までにほとんど食べ尽くされ、幼虫は庭のツルフジバカマへ移した。

前の日まで見ていた幼虫たちもやがて三々五々周囲に移動し、なかなか見つからなくなっていた。

数日前、ツルの先の葉に蛹を見つけた。なんと、驚いたことに垂蛹だ。

驚きの垂蛹?

そんなことはない、大発見か?  シロチョウ科のチョウは帯蛹に決まっている。

ルーペで身体検査をした。 写真を拡大して調べてみた。

一部に丸まっているような糸が見えた。また、葉の裏の葉脈に沿って、クモの巣のようにキラキラした細い糸が着いていた。

もちろん、尾の部分はしっかり着いているが、帯の糸を付けた形跡は見られなかった。

作業中に糸が切れたのか?そう推定した。

何しろやわらかい葉の裏で蛹化しようとしたのが失敗だ。もっと蛹化しやすい場所があっただろうにと思った。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホシミスジ健在 | トップ | ハッチョウトンボを訪ねる   »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。