水中写真家長島敏春の「生命のサンゴ礁」。世界のサンゴ礁を撮り続け、自然の素晴らしさを伝えている。

2007年温暖化による石垣島のサンゴ礁大白化に遭遇。様々なメディアを通じて自然の素晴らしさと環境問題に取り組む。

長島敏春写真展「サンゴとマングローブ」逗子文化プラザホールで開催

2017-06-09 18:42:37 | 逗子アトリエ

7月20日から23日まで逗子文化プラザホールで写真展「サンゴとマングローブ」を開催します。7月20日は「海の日」でもありますが、小学生の夏休みが始まる時期でもあります。A1サイズのパネルを4つの地域各6点合計24点の展示です。石垣島、西表島、インドネシア、さらに地元逗子の新しい写真を加えています。今回は「マングローブ生態系探検図鑑」の発売に合わせた写真展でもあり、当日会場で本の販売も致します。開催中は常時在廊します。子どもたちに是非見てもらいたいと思います。海の素晴らしさ、自然の美しさを伝えたいと思います。

「マングローブ生態系探検図鑑」を偕成社より発売

「生命のサンゴ礁 長島敏春」

海と森のギャラリーHP

写真絵本「サンゴの海」が偕成社から好評発売中。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イイジマフクロウウニに片利... | トップ | オオウミシダ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL