水中写真家長島敏春の「生命のサンゴ礁」。世界のサンゴ礁を撮り続け、自然の素晴らしさを伝えている。

2007年温暖化による石垣島のサンゴ礁大白化に遭遇。様々なメディアを通じて自然の素晴らしさと環境問題に取り組む。

ネンブツダイ 逗子ツブ根

2016-12-01 09:39:56 | 逗子アトリエ

逗子のツブ根は生物相も大変豊かだ。岩礁につくソフトコーラルを撮影しているとネンブツダイの群れが近づいて来た。目の前の岩に渦が巻くようにネンブツダイが現れた瞬間のカットです。D810 シグマ15mm 外部ストロボ2灯、ストロボの光の回りも良かった。

海と森のギャラリーを常設 長島敏春写真展「海」を開催 12月より日曜日、月曜日の午後12時〜18時(年内は12月26日まで)

逗子アートフェスティバル2016 写真展「海」長島敏春 海と森のギャラリー

「生命のサンゴ礁 長島敏春」

海と森のギャラリーHP

写真絵本「サンゴの海」が偕成社から好評発売中。

日本自然科学写真協会  ニッコールクラブ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海と森のギャラリーを常設します

2016-11-29 10:22:34 | 逗子アトリエ

海と森のギャラリーを12月より常設します。(土日開催、年末は12月26日まで)

逗子アートフェスティバル参加企画、長島敏春写真展「海」が大変好評でした。見逃した方も多くいらっしゃったようです。引き続き「海」を開催します。日曜日、月曜日の12時〜18時までオープンします。「海」は今年の逗子の海をメインに展示しました。今後、逗子の海を四季を通じ撮影しようと考えています。テーマごとに新しい写真を展示、常設したいと思います。もちろん、私以外の作家さん達の展示も行っていきたいと思います。

逗子アートフェスティバル2016 写真展「海」長島敏春 海と森のギャラリー

「生命のサンゴ礁 長島敏春」

海と森のギャラリーHP

写真絵本「サンゴの海」が偕成社から好評発売中。

日本自然科学写真協会  ニッコールクラブ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

池子の森  紅葉

2016-11-21 09:31:17 | 逗子アトリエ

池子の森は紅葉が始まったようだ。池に映った森を撮った。真ん中にはすすきが秋を演出している。こんな近くに素晴らしい自然が見られることに驚いている。昨年8月に自宅兼アトリエを逗子新宿に建てました。逗子の水中も素晴らしいが森も良いですね。私が主宰している「海と森のギャラリー」で行われた逗子アートフェスティバル参加企画「写真展 海」は大変好評で終了しました。ギャラリーは現在予約制ですが、皆様の反響が大きいため曜日を限定した開催を考えています。

逗子アートフェスティバル2016 写真展「海」長島敏春 海と森のギャラリー

「生命のサンゴ礁 長島敏春」

海と森のギャラリーHP

写真絵本「サンゴの海」が偕成社から好評発売中。

日本自然科学写真協会  ニッコールクラブ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森の光芒

2016-11-20 11:33:18 | 逗子アトリエ

逗子池子の森は土日の朝8時45分から入れる。昨日の雨で全体に霧がかかるような状態だ。光芒は逆光で差し込む光が霧に投影されて見える。森の中にドラマティックな光芒が見えた。見る角度によって見え方が変わる。

逗子アートフェスティバル2016 写真展「海」長島敏春 海と森のギャラリー

「生命のサンゴ礁 長島敏春」

海と森のギャラリーHP

写真絵本「サンゴの海」が偕成社から好評発売中。

日本自然科学写真協会  ニッコールクラブ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

逗子ツブ根 ソフトコーラルの海

2016-11-17 08:49:33 | 逗子アトリエ

ツブ根はオオタカ根と比べると面積にして半分位だ。特にソフトコーラルが多く、カラフルな感じがする。オレンジとブルーが鮮やかなフトヤギ、緑色のウミシダ、イイジマフクロウウニが見える。中央の下部にある茶色のウニがイイジマフクロウウニだ。このウニは毒を持つウニとして知られている。刺に毒があり、触れるのは危険だ。ゼブラガニが共生していることがある。

逗子アートフェスティバル2016 写真展「海」長島敏春 海と森のギャラリー

「生命のサンゴ礁 長島敏春」

海と森のギャラリーHP

写真絵本「サンゴの海」が偕成社から好評発売中。

日本自然科学写真協会  ニッコールクラブ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加