座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「・・神の国はあなたがたに来ているのです」ルカ11:20

2017年06月20日 16時06分51秒 | 聖書

神の国=神の支配という意味だ。神がご支配しておられる、それが神の国だ。
では、神の支配の中なら悩みや問題の無い、平安と喜びに満ちた状態だろうと思う。
なぜそう思うのか。

悩みや問題は、苦しみや葛藤をもたらすものであり、悪との価値観からだ。
避けたい忌むべきものだ。
神なら、人間に幸せをもたらすべきであり、幸せとは苦しみや悲しみの対極にあり、心に葛藤の無い状態、平安、喜びだ。
だから、神は、私たちに問題の無い状態をもたらすはずと思っている。

しかし、それは人間が勝手に思い込んでいる神像だ。
人間の思う神は、自分にとって好都合な神であり、利益をもたらしてくれる神だ。
人間中心に考えるので、そうなる。
それゆえ、聖書の神もそうあって欲しいと思う。
だから、神が支配する所なら、何の心配も悩みも無いはずになる。

しかし、そうではない。
神の支配は、私たちを拘束し抑えつける支配ではなく、又、何もかも私たちの願い通りになるものでもない。
ご自分の子供を与えて下さり、罪も死も引き受けて下さった、無条件の、一方的な、犠牲的愛の支配だ。
今、この愛のご支配の中に置かれている。

だから、痛い事や辛い悲しい事も起きるが、忌むべきものでなく、愛なる神からであり、愛ゆえだ。
一つ一つは益となり、成長させられ、神を更に親しく知って行ける。必ず結果的に祝福となる。
------------------
悩みや問題のない世界ばかりを求めてしまう。
自分の内からも外からも痛みや苦しみが来るが、全ては神様のご支配の中だ。
そこを通らなければ知り得ないものがあると信じ、向き合って行こう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おはようございます。 | トップ | ◆すぐに、彼らは網を捨て置い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。