座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、

2017年06月13日 16時32分36秒 | 聖書

神のすべての武具を身に着けなさい」(エペソ6:11)

サタンは狡猾だ。「野の獣のうちで、蛇が一番狡猾であった」とある通りだ。
最も狡猾なのは、光の御使いに偽装することだ。神を真似る。

ストレートな罪ならわかりやすい。殺人、暴力、泥酔、妬み、憎しみ、種々の欲望・・。
しかし、光の御使いに、神に変装する。一見善い事で来る。
主のもとにも、御言葉をもってやって来た。

主が荒野で、サタンの誘惑を受けた時に、御言葉によって、サタンに対抗された。
するとサタンも同じく御言葉を持って来た。「と書いてありますから」と。

御言葉を曲解して来る。ある人は、弱っている時に聖書に向かうと、御言葉が自分を責めて来ると。
自分は出来ないし、苦しくなって、聖書を閉じてしまうと。
「サタンですよね」。サタンが恵みを隠し、御言葉を使って責め立てて来る。

恵みを排除した「ねばならない」で攻撃して来る。どんどん苦しくなる。
神が、ただただ恐怖となり、罰と裁きの神になる。
悪魔は、悪魔を神に見せ、神を悪魔のように見せて来る。

又、悪魔はしつこく誘惑して来る。粘り強く弱さにつけ込んで来る。
執拗に誘惑し続ける事によって、ついに悪魔はダビデを罪に引き込んだ。
ダビデは誘惑され、自分の力を誇りたくて、人口調査の罪を犯してしまった。

「サタンがイスラエルに逆らって立ち、ダビデを誘い込んで、イスラエルの人口を数えさせた」

絶えず主に拠り頼んで祈っていよう。天国へ行くまでは、日々霊の戦いだ。
まずそれをしっかり受け入れ、わきまえていよう。
御霊がサタンに気づかせて下さり、御霊に拠り頼んで勝利できる。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
今、重苦しい、否定的思いにあるなら、そこにサタンが噛んでいないか、気づけるよう。
しつこい誘惑が来ていないか。
暗さ、失望、思い煩いに心が沈む時は、主を仰ぎ、御言葉を握ろう。
サタンは逃げ去る。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おはようございます。 | トップ | ◆不信実と偽りとを私から遠ざ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。