座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「イエスはご自身で、人のうちにあるものを知っておられたので、

2017年04月19日 16時05分03秒 | 聖書

人についてのだれの証言も必要とされなかったからである」(ヨハネ2:25)

「多くの人々が、イエスの行なわれたしるしを見て、御名を信じた」が、「イエスは、ご自身を彼らにお任せにならなかった」。
多くの人が主を信じたが、主は、彼らを信じられなかった。信用されなかった。

多くの人々が群れをなして、主について回ったが、主を追いかけているのは、主を求めてでは無かった。
自分に利益になるものを求めて、追い回していた。
「あなたがわたしを捜しているのは、パンを食べて満腹した」の通り、自分の欲しいものが得られたからだ。

信じたと言っても、自分に都合の良い限りは、願望が満たされている間は、ついて行くが、それが満たされなければ、手のひらを返したように、主から離れ去る。
御利益信仰だ。利用に価するので、信じているだけで、価値が無くなれば捨て去る。

主を追いかけていた多くの群衆はそうだった。
ユダもローマ帝国をくつがえして、主が天下を取るとの思い込みがはずれ、自分の思い描いた主でないことに失望した。
そして主を捨てた。

私たちは、何のために主について行っているのだろう。主は信頼に足る信仰を探しておられる。
信頼できる信仰に、ご自分を委ねようと思っておられる。
主を利用するのでなく、主に自らを明け渡して、従って行こうとする信仰を探し求めておられる。
主が私たちにご自身を委ねられるなどとは、何という驚くべきことだろう。
------------------------
ああして欲しい、こうして欲しいと祈るのもいいが、けれど御心のまま・・が最善との信仰がなければ虚しい。
自己中心、自己実現のために主に付いて行っているのだろうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おはようございます。 | トップ | ◆アーメンである方……。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。