座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆死を逃れる道

2017年05月18日 06時37分35秒 | 聖書

知恵のある者のおしえはいのちの泉、
これによって、死のわなをのがれることができる。(箴言一三14)
不確実時代とか、不確定時代といわれている現在、その中にあって、ただ一つの確実なことは、あなたも私も、やがて死ぬということです。しかし、この聖書のことばは、「死のわなをのがれる泉」があると言います。それによって、死を乗り越え死に打ち勝ち、いのちへ至るのです。それは、「知恵」だといわれます。どんな知恵であり真理なのでしょうか。
私のごく近しい友人から、子ども時代の思い出話を聞きました。家で飼っている山羊を、彼が世話をしていたそうです。子山羊だけ連れて草を食べさせに行くと、ツツジを食べて必ず下痢をします。ところが親山羊といっしょに連れていくと、親が教えるのでしょうか、ツツジを食べないので下痢をしないというのです。自然界には、神が与えてくださったこんな知恵があって、親から子に伝えられているのです。
ところが人間は、神に造られながら神に背いてしまい、神を離れ、神を捨て、この知恵を捨ててしまいました。そして私たちは一人残らず、神のない永遠のさばきを経て、死へと落ちこんでいくのです。しかし、背いた人間がその罪をゆるされて、もう一度、この神の愛のふところにもどる道があるのです。
それは、十字架の血によって開かれたいのちの泉です。罪を悔いて、身をかがめてへりくだった人に開かれています。狭き門・狭き道かもしれませんが、それは永遠のいのちへの道です。これこそ、死のわなから逃れる道です。これは、聖書の中の中心的メッセージであって、聖書は、そのいのちの道を指し示そうとしているのです。
「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです」(ヨハネ一四6)。わたしによってでなければ、だれもこの永遠のいのちの道に至ることはできないと、聖書は告げています。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆キリストのうちにこそ、神の... | トップ | 今日の聖人の記念日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。