座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆慰め主、

2016年10月12日 17時05分56秒 | キリスト教
すなわち……聖霊は……。(ヨハネ一四・二六英訳)
今は特に聖霊の時代である。イエスは私たちを励ますのに、やがてなさるように肉体的なご臨在をもってはなさらずに、聖霊の内住をもってなさるのである。聖霊は、いつも教会の慰め主である。神の民の心を慰めることは、聖霊の職分である。聖霊は罪を自覚させ、照らし、教えられる。しかしそれにもかかわらず、聖霊のみわざの主要な部分は、新生した者の心を喜ばせ、弱い者を強くし、すべての衰えた者を引き起こすことである。彼らにイエスを啓示することによって、聖霊はこのことをなされる。
聖霊は慰めるが、キリストは慰めそのものであられる。たとえを用いるならば、聖霊は医者であり、イエスは薬であられる。聖霊が傷をいやされる。しかしそれは、キリストの御名と恵みとの聖なる膏薬をお用いになることによる。聖霊はご自身のものではなく、キリストのものをお用いになる。したがって、時々するように、聖霊にギリシヤ語のパラクレートス(慰め主)という名をささげるなら、私たちの心は、尊い主イエスにパラクレーシス(慰め)という名をささげる。
クリスチャンに対してこのように豊かな備えがなされているのに、なぜ悲しみ、失望するのであろう。聖霊は、あわれみ深くも、あなたの慰め主となられた。おお、かよわいおののいている信者よ。聖霊がその聖なる責任をなおざりにされると思うのか。聖霊が不可能なことや、欲しないことを引き受けられると思うのか。あなたを力づけ、慰めることが聖霊の特別な任務であるとすれば、聖霊がその本務を忘れたり、あなたに対する愛の務めを怠ったりされると思うのか。否、「慰め主」の名をもち、優しく、尊い聖霊に対して、そのようなひどい考えをもってはならない。聖霊は喜んで、嘆く者には喜びの油を、くずおれた者には賛美の衣を着せてくださる。
聖霊に信頼せよ。聖霊は必ずあなたを慰め、ついに嘆きの家はとこしえに閉ざされて、婚宴が開かれるようになるであろう。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「あなたをこの地に連れ戻そう。 | トップ | 10月12日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。