座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆主は……御腕に子羊を引き寄せ、

2017年05月14日 15時31分49秒 | 聖書
ふところに抱き……優しく導く。(イザヤ四〇・一一)
このような恵みに満ちたことばは、だれのことを語っているのか。もちろん、良い羊飼いのことである。なぜ主は、子羊を引き寄せ、そのふところに抱いて連れて行かれるのか。それは主が優しい心をもたれ、弱い者を見ると、ただちに心を動かされるからである。主の群れの小さな者が嘆息をし、無知で弱いことが、主の同情を呼ぶ。弱い者を顧みることは、忠実な大祭司としての主の務めである。さらに主は、血をもって彼らを買い取られたのであり、彼らは主の財産である。主は、ご自身がこのように高い価を支払われた者を顧みられるのである。そして主は、一頭一頭の子羊に対して責任を負っておられる。すなわち、その一頭をも失わないとの誓いを立てておられるのである。さらに、子羊らはすべて主の栄光と報いの一部である。
しかし、「優しく導く」という聖句を、どのように理解すればよいのであろう。時には、主は多くの試練に会わせないために彼らを導かれる。摂理は彼らを優しく扱う。主はまた、しばしば彼らが試練に耐え、信仰に堅く立つために、格別に豊かな愛を満たすことによって導かれる。あるいは、彼らにきわめて単純な信仰を与えることによって、彼らを導かれる。それはお約束をそのままに受け取る信仰であり、信じて、すべての悩みをもったままでみもとに駆けていく信仰である。その単純な信仰は、彼らに非常に大きな確信を与え、世俗から離れたところに彼らを導く。
「主は……御腕に子羊を引き寄せ、ふところに抱き……優しく導く。」ここに無限の愛がある。またここには、愛の接近が見られるではないか。そしてここには聖なる親しさがある。キリストと弱い信者との間の尊い愛の交流が……。また完全な安全がある。主のふところにいる者に、だれが危害を加えることができるだろう。彼らに危害を加えようとするなら、まず羊飼いを傷つけなければならない。そして、完全な安息と甘美な慰めとがある。私たちは、このイエスの無限の優しさを、まだ十分には感じ取っていない。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「御霊によって歩みなさい。 | トップ | 5月14日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。