座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆英知のある人

2017年06月14日 09時29分42秒 | 聖書

思慮に欠けている者は愚かさを喜び、
英知のある者はまっすぐに歩む。   (箴言一五21)
人間はすばらしい知識・知恵を持っているようですが、案外「英知」には欠けているようです。それというのも、どういうわけか人間は、人間をだめにするものを求め、のめりこんで自滅する傾向があるからです。
あるお医者さんは、「人間は、死ぬものではない。自殺するものです」と言いました。彼によると、酒・たばこ・塩分・運動不足・マージャンなどで、人間は緩慢な自殺を行っているとのことです。ところが、「酒も飲まず、たばこも吸わず、うまいものも食わず、九十まで生きても何になる。好きなことして六十で死んでもいいじゃないか」と、多くの人は考えるかもしれません。週刊誌の内容は、みんな酒と異性とギャンブルといっていいくらいです。人間をだめにするものを、人間はなぜ求めるのでしょうか。それは、ほんものを持たず、心からの満足がないために、現実がきびしくてつらいから逃げ出したいのです。そこで逃避を求めて、だめにするものに突っ走ります。
人間を造った神は、「ほんとうの英知」を与えてくださる方です。それを得たなら、もう現実から逃げなくてもよいのです。かえって、現実とぶつかって戦い、まっすぐに生き抜く喜びが与えられます。
東京のMさんは、かつて受験につまずいてぐれ出し、女におぼれ酒におぼれギャンブルにおぼれ、とうとう交番のおまわりさんの前で自殺を試みるところまで落ちたのです。だれも、彼を相手にしなくなりました。しかし、マタイの福音書一一章二八節の看板を見たのがきっかけで、Mさんは神を見いだしました。今のMさんには、人間をだめにするものなどはいりません。神がいらっしゃって、私を愛していらっしゃる、そして私に仕事を与え、仕事の喜びも与えてくださると悟ったからです。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆主をおのれの喜びとせよ。 | トップ | 今日の聖人の記念日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。