座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆彼は……心を尽くして行ない、

2017年03月15日 15時40分12秒 | 聖書
その目的を果たした。(Ⅱ歴代三一・二一)
心を尽くして仕事をする人が栄えるのは、道徳の領域では原則である。そして、心をこめないで仕事をする人が失敗することも確かである。神は怠惰な人には収穫を与えられず、あざみを与えられるだけである。また神は、隠れた宝を見いだすため畑を掘ろうとしない人に富を与えることを喜ばれない。
繁栄を望む者が勤勉に家業にいそしむことは、広く認められている。信仰においても同様である。あなたがイエスに仕える働きで成功することを望むならば、あなたは心を尽くして働かなければならない。あなたが家業に打ち込むように、あなたの力、精力、誠意、熱意をキリストの事業に打ち込め。なぜなら、それは家業よりもはるかにやりがいがあるからである。
聖霊は私たちの弱さを助けてくださる。しかし、私たちの怠惰を奨励することはなさらない。聖霊は活動的な信者を愛される。教会で最も役立つ人はだれであろう。心を尽くして神のために仕事をする人々である。教会学校で最も良い成績をあげる教師はだれであろう。最も才能のある者か。否、最も熱心な、火のように心の燃えている人たちである。彼らは、主が堂々たる救いの進軍をなさるのを見る。
不屈の努力をしているということは、全心を打ち込んでいる証拠である。最初は失敗するかもしれない。しかし熱心な働き人は言うであろう。「それは主のわざである。ぜひ成し遂げなければならない。私の主が私になせと命じられる。そして私は、主の御力によってそれを成し遂げる」と。主にある友よ。あなたはこのように「心を尽くして」あなたの主に仕えているか。イエスの熱心を思え。主がどれほど心を尽くしてそのわざをなされたかを。主は「あなたの家を思う熱心がわたしを食い尽くす」と言うことがおできになったのである。主が血の汗を流された時、その肩に負われるべき荷は決して軽くはなかった。そして主が心を注ぎ出し、その民の救いのためになされた努力は決して小さくはなかった。イエスがこのように熱心であられたのに、私たちがなまぬるくあってよいだろうか。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「この世と調子を合わせては... | トップ | 3月15日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。