座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆聖霊によって祈り……。

2016年10月08日 16時51分53秒 | 聖書
(ユダ二〇節)
 
真の祈りのすばらしい特質に注意せよ。「聖霊によって祈る」のである、神に受け入れられる信仰の種は、天の倉から来たものでなければならない。神から来た祈りのみが神に届く。私たちは主から来た矢を、主のもとに射返さなければならない。神が私たちの心に描かれた願いは、神の御心を動かし、祝福を呼び下す。しかし、肉の願いは神に対して何の力ももたない。
聖霊によって祈るとは、熱烈に祈ることである。冷たい祈りは、願いを聞き入れていただかないように祈るのに等しい。「なまぬるい祈り」とは「なまぬるい火」と言うのと同じで、奇妙である。本来、祈りは灼熱しているものである。
聖霊によって祈るとは、忍耐強く祈ることである。門の閉ざされていることが長ければ長いほど、さらに激しくたたき、天使がちゅうちょすればするほど、祝福を受けないでは決して去らせまいと決心する。神の目に美しいのは、涙を流し、苦悶しつつ、不屈の思いで祈る執拗さである。
聖霊によって祈るとは、謙遜に祈ることを意味する。聖霊は、決して高慢にさせることはないからである。罪を確認させ、悔い砕けた心にして頭を垂れさせるのは、聖霊の職分である。私たちは深い淵から呼ばわらなければならない。さもなければ、決していと高きところにある栄光を見ることはないであろう。
また、これは愛の祈りである。祈りは愛の香りを放ち、愛のしみ込んだものでなければならない。私たちの友である聖徒への愛、キリストへの愛である。
さらにそれは、信仰の祈りでなければならない。信じる者のみが勝利を得る。聖霊は信仰の導き手であり、信仰を強められる方である。それゆえに、私たちは神の御約束を信じて祈る。
おお、聖霊が心の中にいまして、この測りがたい価値をもつすばらしい恵みの結合が、私たちのうちにあって芳香を放つように! 幸いな慰め主よ。あなたのすばらしい力を私たちのうちに働かせ、祈りにおける弱さを助けてください。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「さあ、われわれは町を建て、 | トップ | 10月8日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。