座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆人の心の高慢は破滅に先立ち……。

2017年03月06日 16時10分23秒 | 聖書
(箴言一八・一二)
「事の起こる前にはその予兆がある」という格言は古くから有名である。昔の賢人は、高慢は凶事の不吉な前ぶれであると教えている。晴雨計の水銀を見れば雨が降るかどうかがわかるように、高慢は滅亡の確実なしるしである。それは晴雨計の水銀よりもはるかに誤りのない指標である。人がいばるようになると、破滅が間違いなく彼を捕える。人が自分の偉大さにおぼれる時、その誉れは消え去ることを、傷心のダビデに聞こう。また、偉大なバビロンの建設者ネブカデネザルが、地面をはい回り、牛のように草を食べ、ついにその髪の毛は鷲の羽のようになり、爪は鳥の爪のようになった事実を見よ。高慢は、かつて天使を悪魔にしたように、高慢な者を野獣にする。神はおごる者を憎み、必ずその鼻をへし折られる。神のすべての矢は、高慢な心に向かって射られる。
おお、クリスチャンよ。今夜あなたの心は高慢になっていないか。高慢は罪人の心に入るが、同様にクリスチャンの心にも入り得るのである。そして彼を欺き、彼が富み栄えて何の不自由もないように思わせることができる。あなたは自分の徳や才能を誇っていないか。あるいは自分自身を誇っていないか。あるいは聖なる炎をもち、すばらしい経験をしたことを鼻にかけていないか。読者よ。注意してほしい。滅亡があなたのもとにやって来ようとしている。あなたのうぬぼれのけしの花は根こそぎ引き抜かれ、徳のきのこは、焼けつくような熱にひからびてしまうであろう。そしてあなたの自己満足は、堆肥の中のわらのようになるであろう。私たちがへりくだって十字架のもとに住むことを忘れてしまうならば、神はむちによって私たちを賢くすることをお忘れにならないであろう。
おお、高慢な信者よ。破滅があなたの頭上にもたらされようとしている。あなたのたましいは滅ぼされることはないが、あなたの喜びと慰めの上に破滅が及ぶ。だから、「誇る者は、主にあって誇りなさい」。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「私は、私を強くしてくださ... | トップ | 3月6日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。