座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

詩篇37篇32-33節

2017年05月20日 15時43分59秒 | 聖書


37:32 悪者は正しい者を待ち伏せ、彼を殺そうとする。
37:33 主は、彼をその者の手の中に捨ておかず、彼がさばかれるとき、彼を罪に定められない。


主は、主の御心を行おうとする人に対して、そのことを行うときに、たとえ人から厳しい言葉を掛けられても、人の目を恐れる必要はないと告げられます。

主ご自身がそのことを喜んでくださって、助けて下さるからです。

  死んだ後に神の前で裁きを受けることは、キリスト者もそうでない人も同じです。

しかし、主にある人々に対する裁きは、キリストの故に無罪を宣言して下さって、赦しを与えてくださいます。

同時に、その為してきた良い行いに対して、主が報いて下さると語っています。

事のすべては、死を持って終わるのではありません。

神の前に置ける裁きを持って決着がつくのです。

ですから、キリスト者が「自分は何をすべきか」と考える時に、「みことばを通して教えられた、主の御心を行おう」と、決意を持つべきです。

そして人を恐れず、神を恐れて、主の御心を行い続けることです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マタイ19章21節 | トップ | ◆あなたの奇しい恵みをお示し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。