座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「怒っても、罪を犯してはなりません。

2016年10月13日 18時17分49秒 | 聖書

日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません」(エペソ4:26)

「怒れ、しかし罪を犯してはならない」という意味だ。怒りがすべて罪なのではない。
正しい怒りがある。主はパリサイ人の偽善に、又、神殿が商売の場とされている事にひどく怒られた。

悪や罪を憎まなくては、神を愛する事は出来ない。神を愛するとは罪を憎む事だ。
怒りに二種類あり、正しい怒りと自我から出る怒りがある。

では、怒りはどのように対処すればよいのか。まず、自分の怒りをきちんと認める事だ。
腹を立てているのに、怒っていない振りをしてはいけない。

クリスチャンだからと、怒るべきでないと、自分の怒りを認めない事がある。
とにかく怒っている事実を認める事だ。次にその怒りの原因をよく考えてみる。

なぜ怒っているのか。自我に、プライドに触れるからか。自分の一体何に触れるのか。
自分の名誉、めんつが損なわれるのか。又は、神のため、人のための怒りなのか。

次に、怒りはそのまま表現してはならない。
感情的なままで人に対応すると、相手を傷つけ、自分も傷つき、必ず後悔する事になる。

自分の怒りを抑え込む事も、逆に爆発させる事もよくない。
まず人ではなく神の御前に行き、ことごとく怒りを神に告げる事だ。
そして、その後、きちんと気持ちを人に告げるよう、御霊に導かれるなら、そうすべきだ。
---------------------
どこから来ている怒りなのか、まず神様にすべてを告げて行く時、感情のままに動く事から守られ、怒りの源も明らかにされる。
そして次にするべき事を示される。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の聖人の記念日 | トップ | ◆愛は死のように強く……。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。