座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「少しだけ蒔く者は、少しだけ刈り取り、

2017年04月04日 16時32分10秒 | 聖書

豊かに蒔く者は、豊かに刈り取ります」(Ⅱコリント9:6)

献金は大きな祝福だ。この祝福を奪うためにサタンは必ず妨害して来る。
古い性質には欲があるため、なかなか献げられない。
ある人は「前もって用意」するよう御霊から示されていた。
銀行で下ろそうと思うが後回しなり、時間を失ってしまった。

礼拝で手持ちがなく渋った。すると帰路で車のトラブルに会い数万の出費をした。
ある時も御霊からの示しに関わらず、家計の不安をあおるサタンの声に耳を貸した。
献げられなかった帰途、交通違反で罰金に。

神の取り扱いのご愛がむしろ嬉しかったと。
別の人は困窮状態のため祈り求めていると、もっと献げよと示され、支払いも滞る状況だが、示しに従って信仰によって大胆に献げた。

すると、思いもかけない所からすべての必要額が与えられ満たされた。
身をもって従う事の祝福を知った。
肉は1から10まで自分の事だけを考え、自分の損得で動く。

絶対に損はしない。得る事に喜びを感じる。貰う事が嬉しい。
しかし、内なる新しい人は損得でなく、神の御心が判断基準だ。
例え損になっても、神に従い、御言葉に従って行く。そして大いなる祝福を刈り取る。

献げる時、必ずサタンが欲に働き、妨害して来る事を覚えよう。
御霊の示しに、信仰によって従う時、大きな祝福を見る。
又、新たに主の愛を知り、喜び満ちる。
そして必ず更に与えられる。私たちは何のために生きているのだろう。
蓄えるためか、それとも主の素晴らしさを知るためか。
----------------------
御霊の促しを感じ従った時、必ず神様からの祝福を覚える。
献げた事に神様からの応答を感じる。献げなければわからない事だ。
示された献げる思いをサタンに奪われないよう祝福に預かろう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おはようございます。 | トップ | ◆さあ、主の山…… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。