座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆知恵への招き

2017年03月20日 09時04分26秒 | 聖書

知恵は自分の家を建て、
七つの柱を据え、
いけにえをほふり、ぶどう酒に混ぜ物をし、
その食卓も整え、
小娘にことづけて、
町の高い所で告げさせた。
「わきまえのない者はだれでも、
ここに来なさい。」と。      (箴言九1―4前)
私の大学生の息子が下宿して自炊していたころ、時時母親に電話をかけてきました。「おふくろ、野菜いために何入れるの。どうしてもおふくろの味が出ないんだ。」たった一振りそえる何かの味つけにも、今やおふくろの知恵が必要だと分かったようでした。
この人生は、生きていく上にこの一振りの知恵が必要ではないでしょうか。「知恵が欲しい人、知恵が必要だと心から分かった人はわたしのところに来なさい。」聖書はこう招いているのです。
「Ⅲ」は、字で書いても分かるように弱い魚です。ところが、そのイワシが大群をなして泳いでいると、スズキなどの大きな魚も、自分より力がある大きな魚だと思って近寄りません。だから安心です。ところが群れから離れてうろうろしていると、たちまちガブッとのみこまれてしまいます。
私たちの人生・人間社会でも同じです。病んだ魂・はぐれた魂・わがままな魂などがひょろひょろ迷い出していると、ものすごい悪霊の力のわなにはまってしまいます。
私たちが力強く生きていくために必要な知恵とは、生きている神です。神が私たちを愛し、私たちを生かし、希望も喜びも力も与えてくださるという、「この一握り」の知恵が必要です。この神の知恵は、きよい潔い知恵です。人の善意を正直に受けられずに人の心の裏ばかり勘ぐる、意地の悪い悪賢い知恵ではありません。きよい力強い知恵、これが人生を生かすのです。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆愛する方……。 | トップ | 今日の聖人の記念日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。