座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆あなたの窓をルビーにし……。

2016年12月13日 16時09分19秒 | 聖書
(イザヤ五四・一二英訳)
教会は神の熟練によって設計され、天の力によって建てられた建物にたとえるのが最も意義深い。そのような霊の建物は、暗くあってはならない。イスラエル人の家の中は明るかったからである。したがって、光を入れ、また中に住む人々が外をながめることができるように、窓がなければならない。これらの窓はルビーのように尊い。教会が主を見、天を見、そして一般の霊的真理を見る通路は、最も重視すべきものである。
ルビーは、最も透明な宝石ではなく、半透明と言うべきものであろう。
 天上の生活に対する私たちの知識は浅く
 私たちの信仰の目はかすんでいる
信仰は、これらの尊いルビーの窓の一つである。しかし、ああ、それはしばしば曇っているため、私たちはおぼろげに見るにすぎず、またしばしば誤って見る。しかし私たちがダイヤモンドの窓を通してながめ、私たちが知られたように知ることができず、ルビーのようにかすんだガラスを通してであっても、とにかく、この上なく麗しいお方を見ることはすばらしい。
経験もまた、このようにかすんだ、しかし尊い窓の一つであり、おぼろげな光を与え、その光の中に、私たちは自らの苦しみを通して、悲しみの人であられる主の御苦しみを見る。霊的な視力が弱い私たちの目は、透明な窓ガラスを通して入る主のご栄光を見るに堪えない。しかし、私たちの目が涙にかすむ時、義の太陽の光は調節され、ルビーの窓を通してやわらかな光を投げかけ、誘惑に会うたましいをこの上なく慰める。
私たちを主のかたちに似たものとする聖潔もまた、もう一つのルビーの窓である。天にふさわしい者となることによってのみ、私たちは天のことを理解できる。心のきよい者が、きよい神を見る。イエスに似た者が、イエスを見ることができる。私たちはまだ主に似ていないが、幾分かは似ているので、ルビーの窓をもっている。私たちは自分のもっているものを神に感謝し、さらに多くを求める。私たちが、神とイエス、天国と真理を、顔と顔を合わせて見るのはいつであろう。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「人の目にはまっすぐに見え... | トップ | ヨブ記38章22-30節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。