座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆主よ。不面目は、あなたに罪を犯した私たち……

2017年06月14日 17時55分40秒 | 聖書
のものです。(ダニエル九・八)
罪を深く意識し、それをはっきりと見、その極悪性とそれが当然受けるべき罰とを考えるならば、私たちは当然、御座の前に身を投げ出すはずである。私たちはクリスチャンとして罪を犯した。ああ、なんということであろう。私たちは恵まれていながら、なお感謝を忘れた。この上ない特権を受けていて、それにふさわしい実を結ばなかった。長く信仰の戦いに加わっている者でも、過去を顧みる時赤面しない者があろうか。
私たちが生まれ変わる前の出来事ならば、赦され、忘れられるかもしれない。しかし新生後に、以前ほどには罪を犯さないが、それでも私たちは、光に対し、愛に対し罪を犯している。私たちの心の深奥にさし込む光に対して、また私たちが喜ぶ愛に対して罪を犯している。赦されたたましいの犯す罪の極悪さよ! 赦されていない罪人の罪は、神が選ばれた者の罪に比べれば、はるかに軽い。
ダビデを見よ! 多くの人は彼の罪を語るであろう。しかし、私はあなたに懇願する。彼の悔い改めを見、彼の砕けた骨の音を聞くようにと。それらの骨の一つ一つがうめきながら悲しい告白をしているからである。彼の涙が地面に流れ落ち、深い嘆息がたてごとのやわらかな調べとともにもれるのに目を留めよ。私たちは失敗した。それゆえ、悔い改めの霊を求めよう。
また、ペテロを見よ! 私たちはよく、ペテロが主を拒んだことを語る。しかし、「彼は出て行って、激しく泣いた」と記されていることを覚えよ。私たちは、主を拒んだために泣き悲しんだ経験はないか。
ああ、猛火の中から燃えさしを取り出すように、私たちを取り出して、全く異なる者としてくださった主権者の恵みがなければ、これらの私たちの罪――回心前、および回心後の罪――は決して消えることのない火の燃える所に私たちを送っていたであろう。私のたましいよ。おまえの生来の罪深さを思ってひれ伏し、そして神を拝せよ。おまえを救う恵み、地にながらえさせるあわれみ、おまえを赦す恵みをほめたたえよ。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「神よ。あなたは私を探り、... | トップ | 6月14日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。