座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「イエスは、ご自分では、

2016年09月19日 15時53分57秒 | 聖書

しようとしていることを知っておられたからである」(ヨハネ6:6)

ある人が、最近物見えにくいと感じていたが、たいして気にしていなかった中、コンタクトを落としてしまった。
懸命に探すが見つからない。どんどん焦りが来て、尚も必死に探すが、どこにも無い。
「神様・・」と見つけ出せるように祈りつつ探すがどうしても無い。
「すべての事について感謝しなさい」と言われるので、この事も感謝しますと祈る。

その時、起こる出来事一つ一つに、何かの神のご計画がある事に思いが至った。
失った事も御心の内、主権の中、これだけ探して無いのだから、探す事はもう御心でないと思えた。

それで、探すのを止めて、次の選択肢に進み、眼鏡店に行った。新しいレンズを処方してもらう中、片方のレンズを見せるように言われた。
それで見せると、レンズが老朽化しひどく傷んでいた。
それが原因で、見えにくくなっていたことがわかった。

危うく目を傷めるところで、感謝なことだった。
同様に、私たちにとって、マイナスの出来事「どうしてこんな事が?」のその中に、神のご計画があり、御心がある。
だからこそ、すべての事について感謝できる。

祈っても祈っても、事態が、状況が全く変わらない時は、何か別のご計画では?と別の方向からも考えてみよう。
又、ああして下さい、こうして下さいと願うが、何一つ動かない時には「この事の中で、主が教えて下さりたい事は何ですか?」に祈りを変えよう。
その祈りには必ず答えられる。
-------------------
自分を中心に考えるので、ああして欲しい、こうして欲しいと自分の欲望、自分の願望ばかり偏ってしまう。
一つ間違うと、自分のために神を利用する事になる。
視点を変えて、神は、私に何を願っておられるのか、そこに立つと見えて来るものがある。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の聖人の記念日 | トップ | ◆この子のために、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。