座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆主の近くにいる民……。

2016年09月15日 18時02分52秒 | 聖書
(詩篇一四八・一四)
 
旧約の時代は距離のある時代であった。神がモーセに現れてくださった時ですら、「ここに近づいてはいけない。あなたの足のくつを脱げ」と言われた。そしてシナイ山上で、神が選び聖別された民にご自身を現された時にも、最初の命令の一つは、「山の回りに境を設け、それを聖なる地とせよ」であった。幕屋や神殿における聖なる礼拝でも、距離の思想は常に顕著であった。一般の民は、外庭に入ることさえできなかった。内庭には祭司のほか入ることができず、最も奥の至聖所には、大祭司が一年に一度入るだけであった。
それはあたかも、そのような初期の時代には、主にとって罪はこの上なく忌まわしいことを、主が人に教えようとされたかのようであった。主が最も近く接近された時にも、聖なる神と汚れた罪人との間には大きな隔たりがあることを民に感じさせようとなさった。
福音がもたらされた時、私たちは全く異なった立場に置かれた。「行け」は「来れ」ということばに変えられた。距離は接近し、かつて遠く離されていた私たちは、イエス・キリストの血によって近くされた。受肉された神は、その周りに火の城壁をもっておられない。「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」これが、人の肉体をとられた神の喜ばしい宣言であった。主はもはや、病人をご自分から遠ざけることによって、その人が病をもつことを教えられるのではない。その患者の汚れの罰を、ご自身が受けて苦しまれることによって、患者に病を教えられる。イエスによって神に接近するこの状態は、なんたる安全と特権の状態であろう! あなたはそれを経験によって知っているか。もし知っているなら、あなたはその力の中に住んでいるか。
この接近は実に驚くべきものである。しかし、よりいっそう接近する時が来ようとしている。その時は、「神の幕屋が人とともにある。神は彼らとともに住み」と言われるであろう。主よ。速やかにその時を来させてください。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「私たちは、自分が死からい... | トップ | 9月15日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。