座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「ただ私としては、この最後の人にも、

2017年02月13日 17時35分37秒 | 聖書

あなたと同じだけ上げたいのです」(マタイ20:14)

ペテロは、主に「あなたに従って来たが、何をいただけるか」と質問した。
この問いに、主は、天の御国の価値観は、地上の人間の価値観と非常に異なることを、表された。

ぶどう園の主人は、朝6時から3時間おきに、労務者を雇った。
朝6時の者には1デナリの約束をし、次からは約束はせず「相当のもの」と言った。
最後5時の者には何も言っていない。

そして6時になって、最後の者から順に1デナリづつ支払われた。
全員1デナリであった。
最後の1時間の者が1デナリで、早朝から12時間働いた者も1デナリだ。

約束通りの1デナリであったが、不平不満で一杯になり、主人に文句を言った。
12時間働いた者と1時間の者が同一金額とはどういう事かと。

ここで、ふと自分を顧みて、自分はどう感じるのだろう。不公平だと思うだろうか。
もし不公平に感じるなら、それは自分を朝一の労務者に重ね合わせている。

では、もし自分を最後の者に重ねたらどうだろう。
仕事がなく、その日の糧を待ちわびている家族の姿が浮かぶ。
何も持って帰れない。家族がどんなに落胆するだろう。
どんなに無力感に襲われていただろう。

そこに1日分丸々の報酬が貰えるとは。
私たちもへりくだる時に、初めて、与えられている恵みの大きさが見えて来る。
-----------------------
自分の分を取って帰りなさいと主は言われる。
報酬を、ただ当たり前に受けているから、不公平だとつぶやいてしまう。
最善の時に導かれたのだから、自分の分を感謝して行こう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おはようございます。 | トップ | ◆こういうわけで、今は、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。