座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆プライバシー

2017年04月20日 06時13分44秒 | 聖書

歩き回って人を中傷する者は秘密を漏らす。
しかし真実な心の人は事を秘める。(箴言一一13)
ある夜おそく、同じ会社の四人が電車で家に帰りました。Aが課長の悪口を言い出すと、BもCもDも「そうだそうだ」と言い合いました。四人はいい気持ちでした。途中の駅でAがおりると、BがAの中傷をしました。「そうだよなあ。今度はAを除いておれたち三人で酒を飲もう」と、三人はいいきげんで話し合いました。次にBがおりると、今度はCが、Bの悪口を言いました。「そうだ。これからはおれたち二人でがっちり同盟を組もう」と、CとDは肩をたたき合ったのです。Cがおりて、独りぼっちになった時、Dは何ともいえず寂しくなってやりきれなくなりました。――こんなことを、ある随筆で読みました。
人の悪口を言い、人をさげすみ合うことから、何一つ永続的なよいことは生まれてきません。しかし、歩きまわって人を中傷することで、すぐ実現するように見えるものが一つあります。それは偽りの仲間です。人の中傷・悪口・軽蔑を共有することによって、親密な仲間ができたように思うのです。
人は、独りぼっちではやりきれません。どうしても他の人と心を開き合い、自分の考えていることと相手の気持ちを比べ合いたいのです。つまり、交わりを求めています。その時、真実な心のない人はほんとうの交わりによるのではなく、人をけなすことによって連帯感を持とうとします。どうにか自分の優位を保ちつつ、仲間づくりをしようとするのです。そんな人の心は愛を知りません。罪深い、くさった心です。
ダビデは、「神よ。私にきよい心を与えてください、新しい心をつくってください」と祈りました。私たちも、同じように祈るべきではないでしょうか。神は答えてくださいます。イエス・キリストは、こんなにけがれにけがれた私たちをゆるし、愛し、何一つ中傷しないでいのちを与えてくださったのです。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆その死によって、 | トップ | 今日の聖人の記念日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。