座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

詩篇48篇1-8節

2017年06月15日 06時06分44秒 | 聖書


48:1 主は大いなる方。大いにほめたたえられるべき方。その聖なる山、われらの神の都において。
48:2 高嶺の麗しさは、全地の喜び。北の端なるシオンの山は大王の都。
48:3 神は、その宮殿で、ご自身をやぐらとして示された。


神は全能、全知のお方、またどこにでもおられる偏在のお方です。

しかしそのお方を、私達はこの目を持ってみることができません。

それは、主は霊であられるお方であって、身体を持たれないからです。

この方のことは、私たちはその方との交わりの中で、また、み言葉によって知らされることによって、知ることができます。

 特に、主はご自分の民に対して、自分のことをよく知ることができるようにしてくださいました。

それが、エルサレムにおける聖所です。

そこにおいて、神様はご自分が民と共にいると語られ、民との交わりを持ってくださいました。

そして今、主は、同じように神の聖所である教会において、ご自分を現してくださっています。

主の民と交わりを持ち、導いてくださるためです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1コリント16章14節 | トップ | ◆サラは言った。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。