座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「神のみこころを行なおうと願うなら、その人には、

2017年02月22日 06時47分07秒 | 聖書

この教えが神から出たものか、わたしが自分から語っているのかがわかります」(ヨハネ7:17)

神は私たちに御心を持っておられる。御心を心から求める人には、神は必ず示される。
第一に大切な事は、自分自身を明け渡す事だ。
自分の意志と好み、 願望があるゆえ、神の御心がわからない事が多い。

その自分の強い思いが妨げて、御心が見えない。
すでに、心に強い願いがあり、決定しているなら、それに反する御言葉や神からのメッセージが心に入るだろうか。

自分の思いに合致した御言葉を拾って行くに違いない。
自分の意志を明け渡す時、9割方解決だ。
つまり、明け渡すとは、もし、自分の思い通りでなく、真逆の、「ノー」の答えが出てもOKですという事であり、それが明け渡すという事だ。

又、不義があれば聞かれないので、まず心を探り、罪を告白し、身を整えて、祈って行くなら、御心は必ず示される。
祈りの中で、御心にかなった思いを起こさせ、深い印象を与えられる。

又、デボーション、礼拝、学び会、様々な方面からの御声を心に留め、耳を澄ましていよう。
神は語られる。焦らないで、急かないで、じっくり神を待ち望む事は大切だ。

強い導きが無いなら、今の場にとどまっている事が御心だ。
神が動かされる時には、強い導きがある。

そして、はっきりと示されたなら、その御心に従うことが大切だ。
従う事により、大きな祝福にあずかる。神がわかると言われている。
もし御心がわかっていて、躊躇しているなら、今、一歩を踏み出そう。
-------------------
御心が与えられることは大きな祝福だ。右でも左でもの態度で耳を澄ましていよう。
示されたなら、従えるように祈っていこう。
さわがしい肉の声、サタンの声に振り回されないように。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月21日(火)のつぶやき | トップ | 詩篇18篇20-24節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。