座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆この子のために、

2016年09月19日 15時55分06秒 | 聖書
私は祈ったのです。(Ⅰサムエル一・二七)
 
信仰深いたましいは、祈りの答えとして与えられたあわれみを回顧するのを楽しむ。それによって、神の特別な愛を見ることができるからである。私たちが自らの祝福をサムエル(「神に聞かれる」の意)と名づけるならば、サムエルが母ハンナにとっていとしいものであったように、その祝福は私たちにとっていとしい。ペニンナには多くの子どもがあったが、それは祈りによらない普通の祝福であった。ハンナはただ一人の子サムエルをはるかにいとしく思った。熱心な祈りの結果として与えられたからである。サムソンが主に呼ばわって与えられた「エン・ハコレ(呼ばわる者の泉)」の水は、どれほど甘美だったろう。苦い液はすべての水を苦くするが、祈りは飲み水を甘くする。
私たちは子どもの回心のために祈ったであろうか。子どもたちが救われ、それが私たちの嘆願の結果であると知ることは、二重の喜びである。血を分けた子どもであるからと喜ぶよりは、祈りの結果のゆえに喜ぶほうがはるかにまさる。私たちは、何か特別な霊的賜物を主に求めたことがあるか。それは神の忠実さと真の黄金の布に包まれているために、私たちに与えられる時、二重の尊さをもつ。私たちは主のみわざの成功を祈ったことがあるか。祈りの翼に乗って繁栄がもたらされるのは、いかに喜ばしいことであろうか。
祝福を私たちの家に迎え入れるにはどうしたらよいだろうか。常に最上の方法は、正しい道筋である祈りの門から迎え入れることである。こうして迎えたものは祝福であって誘惑ではない。祈りの答えが延引すればするほど、祝福は豊かになる。母マリヤがイエスを捜し求めて見いだした時、少年イエスは彼女にとっていつもよりはるかに愛らしかったであろう。
ハンナがサムエルをささげたように、祈りによって得たものを神にささげなければならない。天から下った賜物は天に帰せ。祈りによって得、感謝の歌を歌い、献身によってそれをきよめよ。
友よ。あなたにとって祈りは重要なものとなっているか。それとも退屈な味気ないものか。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「イエスは、ご自分では、 | トップ | 「思い違いをしてはいけませ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。