座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ヨブ記27章1-7節

2016年11月07日 11時17分55秒 | 聖書


27:3 「私の息が私のうちにあり、神の霊が私の鼻にあるかぎり、
27:4 私のくちびるは不正を言わず、私の舌は決して欺きを告げない。
27:5 あなたがたを義と認めることは、私には絶対にできない。私は息絶えるまで、自分の潔白を離さない。」



 ヨブは、自分の決意と意志を明確にしています。

私は、神が自分に命を与えて下さっている限りは、2つのことで心を守る。

1つは、自分は誠の神の御心に反して、神を侮るようなことは、どんなことがあってもしないということ。

もう1つは、ヨブを侮ってその不正を語り、神の前に彼の罪と不義を告げて、ヨブを断罪する友達の言葉を、ヨブは絶対に受け入れないし、また受け付けないというのです。

私は神の前に正しい人間ではない。

しかし今、私が担っている苦しみの理由が、単に私の罪の故であると、単純に考えて答えを出そうとする友の考え方、そのあり方に、絶対に同意は出来ないというのです。

彼らは、それによって神を義と認めさせようとしているのですが、しかし、もっと真実で確かなことが、神の内にはあるというのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第一ヨハネ3章2節 | トップ | ◆見よ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。