座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「なぜなら、人の口は、

2017年03月21日 15時19分16秒 | 聖書

心に満ちているものを話すからです」(ルカ6:45)

舌を制御する事は誰一人できない。
「少しもじっとしていない悪で、死の毒に満ちている」。
たった一言で、長年の関係が壊れてしまうとは、時々聞く話だ。

「舌は火であり不義の世界」舌とはそれほどのものだ。
舌はよくよく注意していないと、大きな罪を犯す。
あなたも必ず失敗した事があるだろう。

しかし、舌の問題はノウハウやテクニック、小手先で間に合うものではない。
なぜなら、心にあるものを口が話すのであり、口以前に、心が問題だからだ。
幾ら頑張って黙そうとしても、心にある事は喋る。

肉は喋りたくてたまらない。その強い欲望に勝てない。
喋ってはいけない事を喋らずにはおれない。それが罪の性質であり、自我だ。
その肉はサタンの餌食となり、人間関係を壊してしまう。

心に無い事を喋るという人があるが、それも心の状態を表しているのであり、心が真実でなく、いい加減だという事になる。
言葉は、そのままその人の人格を表わす。言葉に人格が出る。

肉から出た言葉は、周囲を傷つけ害毒を流して行く。
隠れたものは、必ず明るみに出る。舌の罪深さをよく認識していよう。
言葉でなく、心の問題だ。

悔い改めて、自らを明け渡して行く時、主は心を変えて下さる。
その心は、御霊に支配され喜びと平安が溢れる。
御霊から出る言葉は、愛と思いやり、優しさだ。

自分も人も建て上げて行く。舌は主を崇め、主に感謝し、恵みを語る。
そして、御霊の喜びと潤いを周囲に伝染させて行く。

---------------
心の愚痴や不満を、まず主に告げるなら、平安と交換して下さる。
心が平安と喜びに満ちる時、口から感謝と賛美が出て来る。
心にネガティブなものがあるなら、自分で何とかしようとしないで、まず一番に主に告げよう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おはようございます。 | トップ | ◆あなたはすばる座の鎖を結び... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。