座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

詩篇18篇20-24節

2017年02月22日 06時50分54秒 | 聖書


18:22 主のすべてのさばきは私の前にあり、主のおきてを私は遠ざけなかった。
18:23 私は主の前に全く、私の罪から身を守る。



主によって罪許され、また日々犯す罪に、許しを与えてくださる主に感謝を献げる者として、自分はどのように歩むのかと、ダビデは語ります。

先ず、「主のすべてのさばきはわたしの前にある」と語っています。

彼は、主は裁き主であることを知っていると、語ります。

つまり、罪を怒り、それを裁かれるお方であるというのです。

ですから自分は、主がそのように罪を憎まれるお方であるので、このお方の御心に反するような行いをしないように、いつも心がけるというのです。

もう1つのことは、「私は主の前に私の罪から身を守る」と語っています。

ここでは、更に積極的な姿勢を語っています。

それは、自分が主に憎まれる罪を犯さないように、いつも注意をして、身の備えをすると言っているのです。

それは、罪こそが主の憎まれることであるからです。

そしてその身の備えは、御言葉に聞くことにあるのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「神のみこころを行なおうと... | トップ | サムエル記第二11章27節、12... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。