座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「思い違いをしてはいけません。神は侮られるような方ではありません。

2016年09月19日 16時29分42秒 | 聖書


人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります」(ガラテヤ6:7)

決して恵みを放縦に変えてはならない。
赦してもらえるのだからと、安易に罪を犯してはいけない。

ある非行に走った子供は、施設に入り、矯正のための厳しく苦しい訓練を受けた。
その親は、迷惑をかけた各方面に謝罪して回り、器物の破損には多額の弁償金を支払い、すべての償いをして回った。

そのように、例えば、刺傷事件を起こしたり、強盗をしたりする時、主の御前に悔い改めるなら、完全に主は赦して下さる、しかし、この社会での刑罰を免れる事はできない。

法に従って罰を受ける。又、憎しみや妬み、わがままで、人を傷つけてしまったなら、悔い改めによって、主は赦して下さる。

しかし、一度損ない、壊れてしまった信頼関係を、再度築き上げるには、多大な労力と時間が必要だ。

罪のもたらす傷や害は、私たちが思っている以上に大きい。罪の結果は、自分だけにとどまらず周囲をも巻き込んで、傷を負わせてしまう。

決して罪を軽く見てはならないし、もてあそんではならない。
罪に飲み込まれてしまう。安易に罪を犯してはならない。害は甚大だ。

サタンは狡猾で、あなたの弱点を的確に知っている。サタンは誘惑するが、罪を犯したなら責任は自分にある。

心して、サタンの誘惑に陥らないよう、目を覚ましていつも祈っていよう。
----------------------
罪の誘惑に自力で立ち向かうのは無理だ。
罪を覚えたなら神様にお任せし、大きく熟して行かないうちに捨て去ろう。
恵みを放縦に変えてはいけない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆この子のために、 | トップ | ◆この子のために、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。