座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「マリヤはその良いほうを選んだのです。

2017年05月05日 16時14分30秒 | 聖書

彼女からそれを取り上げてはいけません」(ルカ10:42)

こんな事を書いた著者がいた。「私たちは聖書を読み、祈りたいと思う。
しかし、今はその気分ではない。気分が乗らない時に、行なうのは良くない。
気分が良くなるまで先延ばしにした方が良い。もっと適った機会があるはずだ。

又、忙しくて時間がないと言う。次々とやって来る目まぐるしい多くの物事が私たちの気を散らす。
朝刊を読む事で一日を始める。
そして、次から次へとなすべき事の山に、時間があっという間に過ぎて、もう夕刊がやって来る。

種々の雑用、会うべき人々、幾つかの会合、目の前に起こる様々な事柄、つい時間をかけてしまうテレビ番組、今日も聖書を読む時間が無かった・・私たちの1日の時間はどうなっているだろう?本当は時間があるのだ」。

ベターが、ベストを圧迫する。どうしても必要な事は一つだ。
二番目に必要な山のような物事に忙殺され、本末転倒になり、たましいがやせ衰える。
仕事や趣味、様々な事は罪でなく、むしろ良いことであるゆえに、流されて気づかない。

ある人は時間が無いから仕方が無いと、忙しさのせいだと思っていた。
しかし、時間の余裕がある時には、他の事をしている自分に気づいた。
時間の問題でなく、自分の心の頑なさの問題だと気づかされた。

「選んだのです」選ばない限り、時間は無い。選び取ろれるよう祈ろう。

------------------
急ぎ足の時は、周囲の風景に気づかないように、自分の事で忙しい時は、主の御声に気づかない。
ほんの少し立ち止まって、主に心を向けてみよう。
ほんの少しの交わりから、心が変わり、生活が変わって来る。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おはようございます。 | トップ | ◆みことばに心を留める者は幸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。