座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「ほんとうに、自分の中で死を覚悟しました。

2016年12月31日 15時58分40秒 | 聖書


これは、もはや自分自身を頼まず、死者をよみがえらせて下さる神により頼む者となるためでした」(Ⅱコリント1:9)


私たちは、なかなか自分の弱さを認められない。
認めているつもりでも、全面無力など決して認めたくない。
少しぐらいの力を残しておきたい。少しぐらい認めて欲しい。

徹底無力など余りにも惨めで認められない。
なぜなら、人前で弱さを見せたくないし、人に自分の弱みを知られたくない、その事が証拠だ。
もし、無力を認めていたなら、人前でもありのままおれるはずだ。

無力を認めたくない、拒否している事が問題で、そうであれば、神に頼る事ができない。
無力でない人が、神に頼ることは不可能だ。
信仰とは神に頼ることだと、頭ではわかるのだが、頼る事はできない。

なぜならどこまでも自分を認めて欲しい、力を誇りたい、肉の自分がいるからだ。
人は徹底無力になった時に初めて神に頼る。
正直に自分の姿を見る時に、苦しみが真に恵みだとわかる。

自らをへりくだらせ、徹底的に無力であることを、認めさせてくれるのは苦しみしかない。
御霊が苦しみを通して、自らの無力を認めるようにさせて下さる。これは大きな恵みだ。

パウロは、非常に激しい耐えられないほどの圧迫を受け、命さえも危うくなり、そこで自分を拠り頼まず、神を真に拠り頼むようにされた。
無力を認めたくない者が、変えられるのは、恵み以外の何ものでもない。
---------------------
無力なら、祈り続け頼るしかない。祈りはするが実際は自力で動き回っていないだろうか。
前から来るものを通して、自分の無力さ、弱さ、罪深さに気づいて行けますように。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の聖人の記念日 | トップ | ◆刈り入れ時は過ぎ、夏も終わ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。