座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ルカの福音書17章5~6節

2017年09月25日 06時54分29秒 | 聖書


★使徒たちは主に言った。「私たちの信仰を増してください。」
しかし主は言われた。「もしあなたがたに、からし種ほどの信仰があったなら、この桑の木に、『根こそぎ海の中に植われ』と言えば、言いつけどおりになるのです。


■O:今日のコラム
弟子たちは、「私たちの信仰を増してください」とイエス様にお願いしました。弟子たちだけではなく、クリスチャンであるならば、誰もが同じような祈りをしたことがあるのではないでしょうか。自分の信仰がもっと強くなれば、どんなにすばらしいだろうかと。

皆さんならどのような答えを期待するでしょうか?「よし。信仰を増してあげよう。」と期待するでしょうか?イエス様の答えは、

「もしあなたがたに、からし種ほどの信仰があったなら、この桑の木に、『根こそぎ海の中に植われ。』と言えば、言いつけどおりになるのです。」(ルカ17:6)

でした。からし種は小さな種の代表格です。以前、イスラエルに行った時に、ガイドさんが実物を見せてくださいました。私が想像していたよりも小さく、息を吹けば飛んでいってしまうような大きさでした。

また桑の木とは、パレスチナ地方でよく見られるイチジク桑の木のことで、根が広く、深く張ることで知られる木です。その根が広く、深く張る桑の木に、からし種のような小さな小さな信仰をもって命じれば、海に移るというのがイエス様の答えでした。

ここで学ばされるのは、からし種の小さな信仰を用いることです。私たちは大きな信仰がなければいけないと思ってしまいがちではないでしょうか?イエス様が語られたのは、からし種の信仰です。

私たちが主から与えられている御言葉に対するからし種のような信仰、確信があるならば、不可能と思えるような状況に対しても、そのからし種の信仰を用いて宣言することが大切です。何回か宣言して、状況が変化しなくてもあきらめないでください。

しかし、私たちは状況がすぐ変わらないとあきらめてしまいがちです。

「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。」(マタイ7:7-8)

この聖書箇所で「求めなさい」「捜しなさい」「たたきなさい」は、ギリシャ語では、動作の継続を示す命令法で書かれています。つまり求め続ける、たたき続けること、捜し続けることです。あきらめずに、根気よく続けることの大切さが書かれています。

信仰をすぐに投げ捨ててしまうのではなく、あきらめずにからし種のような小さな信仰を用いて、御言葉を宣言し、また宣言し続けていきましょう。

「わたしは、わたしの契約を破らない。くちびるから出たことを、わたしは変えない。」(詩篇89:34)



■A:考えてみよう
御言葉に対するからし種のような小さな信仰があるならば、宣言していこう。状況が変わらなくても、あきらめるのではなく宣言し続けていこう!


■P:祈り



イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月23日(土)のつぶやき | トップ | 詩篇65篇1-4節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。