座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆このようにして、私たちは、

2016年12月10日 11時25分58秒 | 聖書
いつまでも主とともにいることになります。(Ⅰテサロニケ四・一七)
私たちが主のすばらしい訪問を受けることがあっても、それはなんと短く、はかないものであろう。私たちは主にまみえる時、表現できない喜びと栄光に満たされるが、しばらくすると主の御姿を見失う。なぜなら、私たちの愛する方は、私たちから身を引かれるからである。主は、かもしかや若い鹿のように山々をとび越えてかなたに行かれる。主はゆりの花の間で群れを飼うことをやめて、香料の国へ行かれるのである。
 もし今日、主が私たちを祝し
 罪赦されたとの感を与えられても
 明日はまた、私たちを悲しませ
 たましいに苦悩の感を与えられる
私たちが主を遠くから見るのでなく、顔と顔とを合わせて見る日を思うのは、なんと楽しいことであろう。その時、主は私たちを一夜の宿を求める旅人のようにではなく、とこしえにその栄光の胸に抱きしめられる。私たちはしばし主を見ないであろう。しかしやがて、
 私たちの驚きの目は
 永遠に救い主の美しさに注がれ
 私たちは絶えることなく
 主の奇しい愛をほめたたえる
天国においては心労や罪で煩わされず、涙のために目がかすむこともなく、地上の雑事が幸いな思いを乱すこともない。私たちは何ものにも妨げられず、疲れない目をもって、永遠に義の太陽を見つめるであろう。
もし時折主にまみえることさえ、この上なくすばらしいことであるとすれば、雲によって妨げられることなく、とこしえに御顔を拝し、再び悲しみの世を見ることのない状態に置かれるのは、なんと大いなる喜びだろう。幸いな日よ。いつそれは来るのか。沈むことのない太陽よ、昇れ。その時、たましいに大いなる改革のみわざがなされ、感覚的な喜びは私たちを離れ去る。もし死が主との不断の交わりに入ることであるとするならば、それは私たちにとって益である。その時、黒いしずくは勝利の大海にのみ込まれるのである。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユダの手紙14~15節 | トップ | ◆知恵ある者の祈り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。