座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「彼のことばがそのとおりになる時まで、

2017年05月15日 16時17分57秒 | 聖書

主のことばは彼をためした」(詩編105:19)

私たちの願いやビジョンが御心であっても、すぐにスムーズに願い通りには成就しないで、試練を通りながら、試されながら、実現して行くということであり、今までも経験した事だろう。

御心でないのでなく、御心であって、尚且つ成就するまでに、悩みや苦しみを通ると御言葉は言っている。
御心を行なうなら、物事がスムーズに、順風満帆に行くと思っていないだろうか。
なぜかわからないがそう思っている。

それで、御心に進み、悩みや苦しみに出くわすと、これは御心では無かったのか、御心を誤ったのか、怪しみ、悩む。
しかし、御心を間違ったのではなく、成就するまでに、紆余曲折があるということだ。
主の約束は、「試し」となって私たちに臨む。
それは私たちの心に潜んでいて、普段は現れることもなく、気づかない「不信仰」を見せられる。

霊に憑かれた息子の父親が、主のもとに来た時に、「できるものなら、と言うのか、信じる者にはどんなことでもできる」と言われ「不信仰な私をお助け下さい」と叫んだ。
不信仰な自らを助けて下さいと、主に頼った時に、息子はいやされた。

ヨセフは約束与えられながら、幾多の試練を通り、患難が忍耐を生み、忍耐が練られた品性を生み、造り変えられて行った。
主は私たちを訓練され、信仰を成長させ、御言葉を成就される。
その時、神の栄光が素晴らしく現れる。
--------------------
救われ信仰を持ったなら、いつの日にか奇跡のように信仰が成長するのではない。
紆余曲折を通らされ、試されふるわれながら訓練される。
けれど試練の時も主は同伴されている。感謝だ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おはようございます。 | トップ | ◆全うされた……。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。