座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆さあ、主の山……

2017年04月04日 16時33分00秒 | 聖書
に上ろう。(イザヤ二・三)
私たちのたましいにとって、この現世の悪の世を離れて、さらに気高いもの、また、さらにまさったものに上ることは、非常に有益なことである。この世の心労と富の幻惑とは、ともすれば私たちの中にあるすべての善なるものを窒息させようとし、そのため私たちはいらだち、失望し、あるいはまた高慢になり肉的になる。私たちにとって、これらのいばらを刈り取ることはよいことである。なぜなら、それらがあっては天国の種はよい収穫を得ることができないからである。そして、これらのいばらを刈り取る鎌は、神とその王国のものを黙想することのほかにない。
ある渓谷に住む人々の多くは病弱で、その容貌もいかにも弱々しく見えるそうである。大気の循環が非常に悪く、空気がよどんでいるからである。しかしその一方で、そこのすぐ近くの山の上には強健な人々が住んでいるという。彼らは千古の雪をいただいた山々の頂から吹きおろす新鮮な空気を呼吸している。もし谷間の住民が、しばしば彼らの住む霧に閉ざされた沼地を離れて丘に登り、さわやかな大気を呼吸することができるならば、それは彼らにとってよいことであろう。
私は今夜、あなたをこのような山登りに招待する。どうか聖霊が私たちを助けて、恐れの霧、心配の熱病、地上の谷間に集まる一切の罪悪を離れさせ、喜びと祝福の山に登らせてくださいますように。聖霊が、この下界に私たちをつなぎ止めている綱を断ち切り、私たちが山に登るのを助けてくださいますように。
私たちは、あまりにもしばしば、岩につながれたわしのように座している。ただわしと違うところは、私たちがいつかくさりを愛するようになり、信仰を試される時、くさりが切られるのを嫌うようになることである。神が私たちを恵んでくださり、たとえ私たちが、肉体においてはくさりから離れることができなくても、霊においてはくさりから離れることができますように。そして肉体をしもべのように山のふもとに待たせ、たましいはアブラハムのように、山頂に登り、そこでいと高きお方と交わることができるようにしてください。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「少しだけ蒔く者は、少しだ... | トップ | 4月4日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。