座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「そして請願を立てて言った・・

2017年04月25日 16時03分09秒 | 聖書

男の子を授けてくださいますなら、私はその子の一生を主におささげします」(Ⅰサムエル1:10)

 ハンナはずっと不妊で、当時の迷信に加え、彼女を憎むペニンナのいじめに、どんなに苦しく辛い日々であったろう。
ずっと祈っていたが、余りの痛みに耐えかねて、決心して祈りのために立ち上がった。

御前に泣きじゃくり、心のすべてを注ぎ出して祈った。そして、誓願を立てた。
男の子を授けられたなら、その子の一生を主に献げると。
当時は霊的暗黒時代で、指導者がおらず、人々は好き勝手にわがまま放題で、不道徳と堕落の中にいた。

主はイスラエルを導く霊的指導者を必要とされた。
そのためハンナを選ばれ、ハンナの祈りによって、サムエルを産み出そうとされた。
ハンナの祈りを待っておられた。「主が彼女の胎を閉じておられた」。
祈りによって産み出すためであった。

誓願を立てた時に、主のお心と合致した。主はこの祈りをハンナから引き出された。
主のお心と一つとなったハンナの祈りは聞かれた。彼女は食事ができ、すっきりして、もはや以前の顔ではなかった。
「神に願ったその事は、すでにかなえられたと知」った。

ハンナの窮状こそが、祈りへと追いやった。
逆に言えば、せっぱ詰まった、限界ギリギリの苦境が、サムエルを産み出し、神の素晴らしい栄光を現わす事となった。
今、苦しみがあるなら、神の深いご計画の中にあり、大きな祝福のためだ。
-----------------------
目の前の窮状の背後で、神様が働かれている。
落胆しないで、すべてが神様のご計画の中であることを覚えて、今日も心平安にあゆもう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おはようございます。 | トップ | ◆だれでも、わたしの声を聞い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。