座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「私たちの戦いの武器は、肉の物ではなく・・

2017年05月18日 23時33分05秒 | 聖書

要塞をも破るほどに力あるものです・・高ぶりを打ち砕き、すべてのはかりごとをとりこにしてキリストに服従させ」(Ⅱコリント10:5)

信仰生活で大切なことは、心に湧く様々な肉の思いを捕まえて、キリストに服従させることだ。
私たちの心の中には雑多な思いが湧く。
湧いては消え、消えては湧く。こんなはずではといった思いも出没する。

人と少しギクシャクすると「私に対して悪い思いがあるのでは」「自分の言ったあの事か、この事か、あの態度か」妄想になって行く。
最近の若者はメールの返信がないと、非常な不安と思い煩いに陥るそうだ。
「気を悪くするような事を送ったか?」「あの言葉、この言葉か?」これも妄想だ。

その日声をかけられないと「無視された」。
あの言葉の意味は、実は~ではないか?向こうで数人が話しているだけなのに、自分の噂話、悪口ではないか?
サタンが巧妙に吹き込んで来る否定的思いだ。これらを放っておくなら、心は幾らでも落ち込んで行く。

自分は愛されていない、誰からも認められない、だめ人間・・、それは必ず成育歴にまでさかのぼり、だからダメなのだと、何もかもが否定的になって行く。
サタンはそうやって要塞を築き上げて行く。
心をサタンの思うがままにさせて、要塞を築かせてはならない。

妬みや憎しみは頑強な要塞になってしまう。その思いの一つ一つを、そのまま放置せずに、すぐに主のもとへ差し出し、「キリストに服従させ」ることだ。
そして御言葉を心に受け取るなら、御言葉から来る御霊の思いで心が満たされて行く。
--------------
私達に与えられている武器は、神様からの力だ。
サタンからの思惑や誘惑によって、行く道を阻まれてしまうように見えるが、自分の知恵や力で戦っているのではない。
だからから力強く歩もう。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おはようございます。 | トップ | ◆後になると……。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。